B1
B2

B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト 2016年秋開幕!男子プロバスケットボールリーグサイト

NEWS

B.LEAGUEアナリスト 佐々木クリスの第8節展望

前節は大阪-三河、名古屋D-川崎と1点を争う好ゲームのほか、5点差以内の試合が5試合と白熱の試合が目白押し。
栃木-千葉という注目のカードがB.LEAGUE公式SNSで無料放送されるなど、SNS LIVE WEEKENDを通してスマホやテレビで多くのみなさまの目に届いたのではないでしょうか。
今節も昨シーズンのファイナルと同一カードとなる川崎-栃木など注目のカードが目白押し。それでは、第8節の見どころをB.LEAGUE 公式アナリスト 佐々木クリスの眼で要チェック!

B1各試合のみどころ
■今週のB.TIMESはしばらくお待ちくださいませ。
BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK

■B1各試合のみどころ
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ×三遠ネオフェニックス

今シーズン2度目の愛知ダービー。2戦2勝とリードしている名古屋Dだが、B1クラブの中で最もターンオーバーが少ない三遠の堅実な攻撃からどのようにしてミスを作り出すかがキーポイント。
攻撃力は折り紙付きなだけに平均失点が85.1点の名古屋Dは、4連敗の大きな要因となっている守備にフォーカスしたい。三遠は1試合平均20点以上を叩き出す三遠#20 マーティンが安定した貢献をみせている上、#5 川嶋はここ3試合で先発を任されチームへ益々フィット。インジャリーリスト入りしている#2 ドジャー不在を補うべく獲得した#34 ブラックレッジは前節一桁台の出場時間に連日終わったが、早めのシステム順応に期待したい。
両クラブにとっても上位浮上のきっかけとしたい重要な試合となるだけに見逃せない一戦である。

試合日時 会場  
11月11日(土) 14:05 愛知県体育館 →B.LEAGUEチケット
11月12日(日) 14:05 愛知県体育館 →B.LEAGUEチケット
千葉ジェッツ×アルバルク東京

開幕スタートは他を寄せ付けない完成度をみせていた千葉が足踏みをしている。一方A東京は苦しい戦いも経験しながらタレント以上にチームの積み上げでリーグ最高勝率を維持。
A東京はペースと呼ばれる1試合あたりの攻撃回数が70.1と、リーグで1番スローテンポだが、平均得点は81.8点。堅実なハーフコートオフェンスを成功させている遂行力こそ、1番の武器だ。
一方、千葉のスティール数は1試合平均7.9本、平均失点が69.4と強固なディフェンスをしている。攻撃ではチームで作っているキャッチ&シュートの60%近くはノーマーク、後は本来の力が示す決定力に戻るのを待つばかりだ。
総合力、戦術の駆け引き、日本最高峰のぶつかり合いを刮目せよ。

試合日時 会場  
11月11日(土) 15:05 船橋アリーナ →B.LEAGUEチケット
11月12日(日) 15:05 船橋アリーナ →B.LEAGUEチケット
川崎ブレイブサンダース×栃木ブレックス

昨シーズンFINALの再戦。選手の入れ替えもあり、両チーム波に乗り切れていないがその中でも勝ち星を拾っている川崎と、去年のようなバスケが展開できていない栃木。
川崎は#22 ファジーカスが第7節でキャリア初トリプルダブルを記録する大黒柱の活躍、開幕から3P成功率43.9%と相手にとっては今季も手がつけられない状態でチームを牽引している。
栃木はチームの根本だった守備力がリーグ下位に沈み、攻撃も速攻とオフェンスリバウンドしか打開策がない。ひとつずつ課題を解決してステップアップしていくしかないだろうが、エース#32 ロシターを欠いた第7節では#31 喜多川が今季初複数本の3Pを両日沈め、開幕戦以来となるホームでの勝利をファンにみせられた事は大きい。

試合日時 会場  
11月11日(土) 15:05 トッケイセキュリティ平塚総合体育館 →B.LEAGUEチケット
11月12日(日) 14:05 トッケイセキュリティ平塚総合体育館 →B.LEAGUEチケット
新潟アルビレックスBB×シーホース三河

厚い選手層をもとに躍進を続ける三河、前節は日本代表候補#6 比江島を怪我で欠き、#14 金丸、#0 橋本もベンチスタートとどの選手が試合に出場しても60試合を戦うだけの力がある。今シーズンはトランジションの数・効率ともリーグTOP6入りと新たな武器も手に入れているが、依然経験豊富な#32 桜木への依存度は高く前節大阪との対戦でみせた様に最後に頼るのはポストプレーだ。
三河と新潟はポストプレーから直接もしくはパスアウトしてのシュート機会の頻度でリーグ1位と3位。新潟は更にトランジションの数はリーグ最低であり、平均30得点を超える#54 ガードナーへの依存度が大きく、両チームの対戦は肉弾戦となる事は間違いない。
またインサイド陣を囲むシューター達の貢献も欠かせない。

試合日時 会場  
11月11日(土) 17:05 シティホールプラザ アオーレ長岡 →B.LEAGUEチケット
11月12日(日) 14:05 シティホールプラザ アオーレ長岡 →B.LEAGUEチケット
横浜ビー・コルセアーズ×富山グラウジーズ

中地区で富山4位,横浜6位に位置する2クラブの対戦。両クラブとも点の取れる日本人エース(横浜 #1 川村、富山 #11 宇都)、強いインサイド(横浜 #34 サビート、富山 #45 ピットマン)を有しながらも、チームに安定感がなく苦しんでいる。
両チームの大きな差は成功率3位、成功数2位の3Pを武器にしている富山と、成功率、成功数共に17位に甘んじている横浜。試投数も多くない横浜だが、相手に対策をされる要因ともなっている。
その状況を打破するためには司令塔とディフェンスが鍵になる。総力戦が続く横浜は出場機会の増えているベテラン陣#15 佐藤、#25 竹田の献身的な活躍、富山は要所を締めるキャプテン#9 水戸、プレイイング・コーチ#7 宮永による流れのコントロールが重要。

試合日時 会場  
11月11日(土) 18:05 横浜国際プール →B.LEAGUEチケット
11月12日(日) 14:05 横浜国際プール →B.LEAGUEチケット
滋賀レイクスターズ×島根スサノオマジック

混戦の西地区で上位を目指すうえでは負けられない1戦。ここ4節7試合で5勝と滋賀の状態は上がっている。一方島根は5連敗中と勝ち星が遠い。
主力が揃う滋賀の上位浮上に欠かせないサポートメンバー#3 サンバと#0 小林が前節でその存在意義を証明。引き続きチームを援護射撃出来るか?対して島根は未だベンチヒーローの台頭を待つ状態。未だ2桁得点がない#1 岡本、#21 レーンも4試合2桁得点から遠ざかってしまっている。
共に1試合あたりのターンオーバーが多く接戦も予想されるだけに、両チームともベンチワークで如何に流れを作れるかも勝負となるのでHCの采配にも注目。

試合日時 会場  
11月11日(土) 18:05 ウカルちゃんアリーナ →B.LEAGUEチケット
11月12日(日) 14:05 ウカルちゃんアリーナ →B.LEAGUEチケット
京都ハンナリーズ×大阪エヴェッサ

関西ダービー。
京都は同地区のライバル滋賀に2連敗を喫しするも西地区2位を維持。シーズン序盤はテコ入れしたリバウンドの強化も伺えたが、試合を重ねる毎にディフェンスリバウンド数の順位が下降気味なのは気になるところ。
対する大阪は西地区最下位と振るわない状況が続くが、前節三河との対戦で収穫も多かった。特に三河が得意とするポストからの攻撃パターンへの対策は三河以上にポストからのシュートが多い京都相手には活かせるだろう。結果が出ないだけに苦しいだろうが、チームとして正しいプロセスを信じ抜く姿勢が何よりの突破口。
両チームともディフェンス面で細部への注力と、その遂行力が試される。

試合日時 会場  
11月11日(土) 18:05 ハンナリーズアリーナ →B.LEAGUEチケット
11月12日(日) 14:05 ハンナリーズアリーナ →B.LEAGUEチケット
西宮ストークス×琉球ゴールデンキングス

#51 古川の今季初陣を勝利で飾る事が出来なかった琉球、西地区1位も安泰ではなくなって来た。試合ごとのパフォーマンスの差は顕著で節毎の2試合目の勝率は6勝1敗と流石の調整力をみせるものの、真に優勝候補と呼ばれる為には確実に連勝出来る力を示したいところ。
対する西宮は#21 ラマートが先発する7試合では3勝4敗とまずまずの成績を収めるも、少し効力が低下気味。また#2 バーンズの出場時間が20分に満たない試合が続いており、チームがリバウンドを確保出来なければ彼をコートに出し続けられないのは苦しいところ。

試合日時 会場  
11月11日(土) 18:05 三田市駒ヶ谷運動公園 体育館 →B.LEAGUEチケット
11月12日(日) 15:05 三田市駒ヶ谷運動公園 体育館 →B.LEAGUEチケット
レバンガ北海道×サンロッカーズ渋谷

好調を堅持する北海道のホーム北海きたえーるに、#6 サクレ、#55 ハレルソンのツインタワーを擁し今季初の3連勝を記録中のSR渋谷が乗り込む一戦。
北海道は平均得点でB1 第5位とオフェンスは強力。合わせて平均約31得点をあげる#15 トラソリーニ、#2 ウィッティントンのデュオに加え、通算3ポイントシュート成功数1000本を達成したレジェンド#9 折茂は琉球戦勝利で日本人最多12得点と存在感は色褪せない。
一方、SR渋谷はここまで平均得点下位6位とオフェンスの構築に苦労している。ツインタワーの外国籍2名に加え、#24 広瀬が体現するリバウンドとディフェンスからリズムを作りたい。昨季王者栃木が6位に沈む東地区において、上位浮上を目論む北海道は地元で連勝を飾れるか。

試合日時 会場  
11月13日(月) 19:05 北海きたえーる →B.LEAGUEチケット
11月14日(火) 19:05 北海きたえーる →B.LEAGUEチケット
■今週のBEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK

 

bLEAGUE TICKET

チケット情報