2022.09.29(木)
Bリーグ 2022-23 B1リーグ戦 名古屋D VS 三河

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

101
HOME

第1節

愛知県|ドルアリ

19:05 TIP OFF

-

シーホース三河

シーホース三河

86
AWAY
名古屋D 名古屋D
三河 三河

シーズン成績

名古屋D 三河
89.4
PPG平均得点数
74.5
49.1%
FG%フィールドゴール成功率
43.1%
38.6%
3Fg%3Pシュート成功率
30.9%
74.3%
ft%フリースロー成功率
78.3%
38.9
RPG平均トータルリバウンド数
35.1
25.1
APG平均アシスト数
19.1
4.0
BPG平均ブロックショット数
2.5
7.9
SPG平均スティール数
5.6

クラブリーダー

名古屋D 三河
7.7
RPG平均トータル
リバウンド数
7.0
7.2
APG平均アシスト数
4.0

対戦成績

名古屋D 三河
WIN84
LOSE74
WIN101
LOSE86
LOSE87
WIN93
WIN82
LOSE65
WIN101
LOSE75

対戦成績

直近の試合結果

名古屋D 三河

ショットチャート

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
シーズン
大会
- % - % - % - % - % - % - % - % - % - % - % - % - %
シーホース三河 シーホース三河
シーズン
大会
- % - % - % - % - % - % - % - % - % - % - % - % - %

データが存在しない場合、ショットチャートは表示されません

見どころ

継続路線の両チーム、注目のオープニングゲームを制するのはどちらか

B.LEAGUE7年目、B.LEAGUE2022-23シーズンが名古屋ダイヤモンドドルフィンズとシーホース三河の“先出し開幕戦”でスタートする。

名古屋Dは昨シーズン、34勝15敗の西地区3位で「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」に進出。川崎ブレイブサンダースとの「B.LEAGUE QUARTERFINALS 2021-22」ではコティ・クラークやオヴィ・ソコなど外国籍選手の欠場が響き、2連敗でシーズンを終えた。新シーズンに向けて、岡山学芸館高校出身でNBA経験もあるモリス・ンドゥールを獲得。3ポイントシューターの狩野祐介(滋賀レイクス)がチームを去ったが、夏に日本代表で頭角を現した須田侑太郎、プレシーズンゲームで活躍を見せた坂本聖芽などがその穴を埋めるだろう。基本的には昨シーズンのスタイルを継続し、さらなる高みを目指す。

一方、三河の昨シーズンは最終節でワイルドカード争いに敗れ、惜しくも「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」進出を逃す結果に。主力の大半がチームに残り、韓国でプレーした中村太地、NBA通算472試合出場のカイル・オクイン、アジア特別枠のブランドン・ジャワトと実力者の獲得に成功した。昨シーズンは2月に選手登録となったアンソニー・ローレンスⅡが、開幕から試合に出られるのはチームにとって大きなプラス材料。オクイン、シェーファーアヴィ幸樹、ダバンテ・ガードナーのビッグマン3人がインサイドで力を発揮できれば、ローレンスⅡ、西田優大、角野亮伍などの活躍にも期待できる。

どちらのチームも日本代表選手を擁し、外国籍選手を含めて多くのタレントがそろう。名古屋Dの須田が「ライバル関係だと思うので、絶対に負けられない」と意気込めば、三河の柏木真介も「オープニングゲームを戦うのは特別な意味がある。より一層気持ちが入ったゲームになる」と話した。悲願のB.LEAGUE初制覇に向けて、好スタートを切るのはどちらのチームか。B.LEAGUE7年目がいよいよ幕を開ける。

名古屋D 名古屋D
三河 三河

ゲームスコア

名古屋D 三河

試合成績

名古屋D 三河

もっと詳しく見る

ゲームリーダー

名古屋D 三河

ショットチャート

スコアチャート

名古屋D
--

FINAL

--
三河

関連リンク

おすすめコンテンツ​