NEWS

規約規程違反への対応について

B.LEAGUEの船出である開幕戦から、シーズンも7節が終了しました。毎週各地で熱戦が繰り広げられており、選手もよりアグレッシブなプレーを見せてくれております。一方、ヒートアップ故の挑発や威嚇、または報復行為など、規約規程違反による懲罰の適用が止まず、B.LEAGUEおよび関係者は大いに反省しなければならないと考えております。

私たちは、選手、スタッフ、審判がお互いをリスペクトすることの重要性を再認識するとともに、ファン・ブースターの皆様がフェアで楽しい試合を観戦して頂けるように、三位一体で努力していかなければなりません。それは、一番大切にすべき試合の価値を高めるためです。

改めて、
(1)審判への執拗な抗議は行わない
(2)暴言・挑発は厳に慎む
(3)差別的・侮辱的行為はいかなる場合も許さない

これらを徹底するとともに、公益財団法人日本バスケットボール協会と常に向き合い、審判のレベルアップはもちろんのことながら、審判とチーム関係者とのコミュニケーション向上を図って参ります。

どうぞ、今後共B.LEAGUEを叱咤激励しつつ、ご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

B.LEAGUEチェアマン 大河 正明