言語選択

Select Language

OK

ニュース

B.LEAGUE 2020-21シーズン B1リーグ戦第24節、第26節における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防のための調査について

公益社団法人 ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、「産総研」)等の協力を得て、以下記載のB1リーグ戦第24節および第26節の対象試合において、ウィズ・コロナ環境でより多くの方に安心して大規模イベントを楽しんでいただくための調査を行います。

■調査対象試合
(1)B1リーグ戦第24節 2月28日(日)15:05 宇都宮ブレックスvsシーホース三河@ブレックスアリーナ宇都宮
(2)B1リーグ戦第26節 3月7日(日)18:05 サンロッカーズ渋谷vsアルバルク東京@青山学院記念館
※上記の試合における調査実施はB.LEAGUEおよび産総研にて実施致しますので、調査に関するクラブや会場へのお問い合わせはお控えください。

■調査の概要

調査項目 概要 連携
二酸化炭素濃度測定 ・二酸化炭素濃度を測定することで、空気の淀み具合を知ることができます
・観客席、コンコース、トイレ、売店等、アリーナ各所の濃度が時間帯に応じてどう変化するか、計測します
産総研

産総研の調査内容の詳細はこちらをご覧ください
現地踏査 ・専門家がアリーナ内各所の混雑・密集等の状況確認をします

※今後、取組内容について、追加、削減等の可能性がございます
※観戦いただくお客様における感染対策は、Bリーグが従来設定した内容を継続いたします。詳細は以下ページをご確認ください

●Bリーグ公式サイト:
https://www.bleague.jp/watching/covid19_measures/