言語選択

Select Language

OK

ニュース

「B.Hope HANDS UP! PROJECT supported by 日本郵便」 全クラブ参加のSNS企画や防災バスケプログラム等実施のお知らせ

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、東日本大震災から10年となる節目の年として、「B.Hope HANDS UP! PROJECT supported by 日本郵便」を実施しております。これまで、岩手・仙台・福島・茨城の被災地4クラブを中心に、バスケットボールクリニックや防災プログラムなどを実施してまいりました。
 この度、全国のクラブを巻き込んだ「全国アクション」として、下記の活動を実施することが決定しましたので、お知らせいたします。
 尚、本活動は「B.LEAGUE PARTNER(Bリーグ パートナー)」である日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:衣川和秀)のご協力をいただき、実施致します。

B.Hope HANDS UP! PROJECT supported by 日本郵便 全国アクション実施内容

【SNSで防災知識を発信するHANDS UP! WEEK】
3月6日(土)~14日(日)の期間、「HANDS UP! WEEK」と題し、備蓄品や初期行動といった災害時に役立つ防災知識を、リーグとB1B2各クラブ、B3岩手ビッグブルズのSNSで、リレー形式で発信していきます。選手の口からメッセージを発信することで、より多くの人に防災意識の大切さを届けることを目的としています。

【スペシャルメッセージ動画の公開】
選手や関係者が、それぞれの立場で東日本大震災発生当時を振り返り、この10年間の想い、地域への感謝や防災意識の大切さを伝えるメッセージ動画を製作。B.LEAGUE公式YouTubeで公開するほか、試合会場での投影を予定しています。
B.LEAGUE公式YouTube「B.Hope HANDS UP!PROJECT Supported by 日本郵便Special message movie」
https://www.youtube.com/watch?v=5uSI4jOgndY&t=84s

【バスケで楽しく防災を学ぶ「Defense Action(ディフェンス・アクション)」の開発】
バスケットボールをしながら楽しく防災減災を学ぶ、防災バスケプログラム「Defense Action(ディフェンス・アクション)」を開発しました。サッカー版のディフェンス・アクションの開発とプログラムの企画運営を行っている株式会社HITOTOWAと連携し、「防災において大事な事」と「バスケの楽しさ」を融合した全6つのプログラムです。このアクションを通じて「備える人・動ける人・助ける人」を育てることを目指し、クラブや地域の皆様と一緒に全国で実施していく予定です。

ディフェンス・アクション(一部)
・ファーストアクション:災害(地震・火災・津波)が発生したと想定して、ウォーミングアップ中に示される災害に応じた初期行動(地震であれば、目と頭を守ってその場でしゃがむ、など)を学ぶゲーム

・B-DASH:ドリブルをしながら、被災者の属性によって異なる必要な備蓄品(高齢者であれば「きざみ食」や「補聴器用電池」など)を、それを必要とする被災者に届け、そのタイムを競うゲーム

・ファスト・ショット:パスを受け、指定された災害に応じた初期行動をとってからシュートし、得点数を競うゲーム

誰でも実施できるディフェンス・アクションのガイドブックをWEBにて公開中
https://www.bleague.jp/files/user/b-hope/B_LEAGUE_DA_MANUAL.pdf

2021年2月14日宮城県内の小学生を対象に実施した様子 ©SENDAI 89ERS

【B.LEAGUEスペシャル防災ハンドブックの配布】
上記ディフェンス・アクションの紹介や震災が起きた際の初期行動、備蓄品といった防災知識の内容を記載し、防災意識を呼び掛けるB.LEAGUEスペシャル防災ハンドブックを製作。試合会場での配布を予定しています。

全8ページ

上記の他、東日本大震災で大きな被害を受けた地域を本拠地とする、岩手・仙台・福島・茨城の4クラブが実施する「地域アクション」も、引き続き実施してまいります。
各イベントの詳細および今後の予定は、下記特設サイトにて発表いたします。

B.Hope HANDS UP! PROJECT supported by 日本郵便特設サイト
https://www.bleague.jp/b-hope/hands-up/