言語選択

Select Language

OK

ニュース

新型コロナウイルス感染症に関するB.LEAGUE統一検査結果について 第18回統一検査結果(最終報告)

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)が実施する新型コロナウイルス感染症に関する第18回B.LEAGUE統一検査についてお知らせいたします。第18回B.LEAGUE統一検査は、ソフトバンクグループ株式会社の子会社であるSB新型コロナウイルス検査センター株式会社(東京都港区、代表取締役社長:池田 昌人)が運営する唾液PCR検査専用施設「東京PCR検査センター」で実施いたしました。
ただし、新型コロナウイルス感染症陽性事象や保健所による濃厚接触者判断の影響によってチーム活動が影響を受けているクラブと、検体輸送による影響が生じたクラブは、検査実施日の変更を行いました。


【第18回統一検査結果】
検査実施日:4月27日、28日、30日
総検査数:933

■B.LEAGUE所属クラブ

B1
クラブ名 陰性数 陽性数
北海道 25 0
秋田 22 0
宇都宮 26 0
千葉 25 0
A東京 31 0
SR渋谷 25 0
川崎 24 0
横浜 22 0
新潟 26 0
富山 21 0
信州 23 1
三遠 25 0
三河 23 0
名古屋D 25 0
滋賀 17 0
京都 19 3
大阪 23 0
島根 22 0
広島 24 0
琉球 23 0
B2
クラブ名 陰性数 陽性数
青森 19 0
仙台 22 0
山形 26 0
福島 19 0
茨城 25 0
群馬 20 0
越谷 23 0
東京Z 19 0
FE名古屋 25 0
西宮 24 0
奈良 20 0
香川 22 0
愛媛 20 0
福岡 27 0
佐賀 21 0
熊本 21 0

■レフェリー

陰性数 陽性数 判定結果待ち
105 0 0

※ 検査対象:B1・B2全36クラブの選手・チームスタッフ、その他フロントスタッフ及び担当レフェリー
※ 陽性数:SB新型コロナウイルス検査センター株式会社の検査により陽性の疑いのある結果を示しています。
※検査日を変更して実施したクラブおよびレフェリーの結果について、最終のご報告とさせていただきます。赤字が更新箇所です。
※信州、京都における陽性者については、過去の検査判定に鑑み、医師および保健所の診断と協議により新規陽性者としては扱われないこととなりました。


<SB新型コロナウイルス検査センター株式会社 WEBサイト>
https://sbcvic.jp/