言語選択

Select Language

OK

ニュース

B.LEAGUE会員向けキャンペーンにおける個人情報漏えいに関するお詫びとお知らせ

2021年3月に実施いたしましたB.LEAGUE会員キャンペーンにおいて、210名の個人情報(該当者の氏名)が漏えいした可能性があることが判明いたしました。

お客様をはじめ、関係者の皆様に多大なるご迷惑およびご心配をおかけする事態となりましたこと、深くお詫び申し上げます。
なお、個人情報が流出した可能性のあるお客様には、本日より電子メールにてお詫びとお知らせを個別にご連絡申し上げております。
今回の事態を厳粛に受け止め、B.LEAGUEが定める「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(個人情報保護法ガイドライン)」に基づき、再発防止策を講じてまいります。

本件に関する概要につきまして、下記の通りご報告いたします。

■事故の経緯
4月28日に当選されたお客様より、B.LEAGUE問い合わせフォームから配送伝票に記載の氏名に誤りがある旨のご連絡をいただき、配送データを確認したところ、210件の配送データに不備があることが判明し、本日の発表に至りました。

■個人情報流出状況
1)原因
3月に実施したB.LEAGUE 会員キャンペーン(応募総数 1,963 名)にて、業務委託先にて当選者を抽選する作業工程において、氏名データのカラム(列データ)がその他のデータとずれてしまうミスに起因して、当選者 210 名への景品配送作業時に当選者の氏名ではない別の会員の氏名を印字して景品を発送したことによる。
2)個人情報が流出した可能性のあるお客様とその情報
当該キャンペーン応募者1,963名のうち210名のお客様で流出の可能性があり、流出した情報は以下の通り。
・氏名
上記に該当する210名のお客様には、別途、電子メールにて個別にご連絡申し上げます。

■再発防止策
今回の事態を重く受け止め、業務委託先企業の講ずる安全管理措置について必要かつ適切な監督に努めるとともに、業務委託先企業への指導・教育を徹底することにより、業務委託先企業の安全管理措置の水準の高度化・均一化を図ってまいります。
また、B.LEAGUE としても、今回の事象を業務委託先企業での事故として片づけることな く、再発防止に向けて B.LEAGUE 内部での個人情報管理の取り組み強化と社員への周知徹底を図ってまいります。

■本件に関するお問い合わせ先
B.LEAGUE キャンペーン事務局
お問い合わせページ : https://www.bleague.jp/inquiry/campaign/