言語選択

Select Language

OK

ニュース

新型コロナウイルス感染症に関するB.LEAGUE統一検査結果について 第21回統一検査結果

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)が実施する新型コロナウイルス感染症に関する第21回B.LEAGUE統一検査についてお知らせいたします。第21回B.LEAGUE統一検査は、ソフトバンクグループ株式会社の子会社であるSB新型コロナウイルス検査センター株式会社(東京都港区、代表取締役社長:池田 昌人)が運営する唾液PCR検査専用施設「東京PCR検査センター」で実施いたしました。
なお、第21回統一検査は、ポストシーズンでの公式試合を控えたクラブを対象とし、ポストシーズンにてシーズンを終了したクラブは一部実施取り止めとなりました。


【第21回統一検査結果】 
検査実施日:5月21日
総検査数:251件

■B.LEAGUE所属クラブ

B1
クラブ名 陰性数 陽性数
宇都宮 26 0
千葉 25 0
SR渋谷 24 0
川崎 24 0
富山 21 0
三河 19 0
琉球 22 0
B2
クラブ名 陰性数 陽性数
仙台 23 0
茨城 25 0
群馬 20 0
越谷 22 0

※ 検査対象:B1・B2ポストシーズン出場計11クラブの選手・チームスタッフおよびその他フロントスタッフ
※ 陽性数:SB新型コロナウイルス検査センター株式会社の検査により陽性の疑いのある結果を示しています。


<SB新型コロナウイルス検査センター株式会社 WEBサイト>
https://sbcvic.jp/