言語選択

Select Language

OK

ニュース

「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援 B.LEAGUE Hopeクラウドファンディング」活動結果と寄付贈呈のご報告

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、新型コロナウイルス感染症の状況下で尽力してくださっている医療従事者の皆さまの支援を目的としたクラウドファンディングを実施し、支援金2,000,000円 を公益財団法人日本財団(以下「日本財団」)の「新型コロナウイルス緊急支援募金」に寄付いたしました。
本日6月28日、島田チェアマンが日本財団の笹川陽平会長を訪問し寄付金を贈呈したことをご報告するとともに、クラウドファンディングに協力いただいた皆様に改めてお礼を申し上げます。

「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援B.LEAGUE Hopeクラウドファンディング」について

アディダスジャパン株式会社様ご協力のもと、返礼品(リターン)として2021年1月に新型コロナウイルスの影響で中止となった「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO」で、出場選手が着用予定であったユニフォームやジャージ、来場者向けのプレゼントなどを用意し、クラウドファンディングを実施しました。
支援者数、支援金額は以下の通りとなりました。

■実施期間 2021年3月19日(金)~4月30日(金)
■支援者数 460人
■支援総額 4,213,000円
■支援ページ https://readyfor.jp/projects/bleagueHope

日本財団への寄付金贈呈式

皆様から寄せられた支援金から商品原価、送料、手数料などを引いた2,000,000円を日本財団「新型コロナウイルス緊急支援募金」への寄付金とし、本日6月28日、島田チェアマンが日本財団の笹川陽平会長を訪問して目録を贈呈しました。
贈呈式の中で、笹川会長からは「B.LEAGUEからはこの5年間で総額約2,000万円の寄付を頂き大変感謝している。B.LEAGUEは各地で盛り上がっていることはよく耳にします。引き続きスポーツの力で元気を与えてほしい」とのお言葉をいただきました。また、島田チェアマンは「1月に開催予定であったB.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITOは中止となりましたが、アディダスジャパン様協力のもとクラウドファンディングを実施し、たくさんの方々から支援を頂くことができ、新型コロナウイルス対策支援として医療従事者の方へ日本財団さんを通して寄付できることを嬉しく思います。これからもB.LEAGUEは社会貢献活動を引き続き行っていきたいと思います」と話しました。

 

寄付金は日本財団「新型コロナウイルス緊急支援募金」として、新型コロナウイルス対策で活躍する医師、看護師、ボランティアの方々の活動支援などに活用されます。

■日本財団「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援」 WEBページ
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/2020corona

■B.LEAGUE Hope WEBサイト
https://www.bleague.jp/b-hope/

B.LEAGUE Hopeでは、活動を開始した2016年から継続的に日本財団と連携し、2017年には「連携協定」を締結して、復興支援活動への募金、難病児童のサポートなどの取り組みを行っています。