言語選択

Select Language

OK

ニュース

B1クラブのB.LEAGUE 2021-22シーズンスローガンをご紹介!

 今回は、B1クラブのB.LEAGUE 2021-22シーズンに掲げたスローガンを一部ピックアップしてご紹介します!

 
 

秋田ノーザンハピネッツ
 トップバッターは秋田ノーザンハピネッツの『ウルトラアキタ』です。ウルトラという言葉どおり、過去最強のチームになるのが目標! 強みとしている激しいディフェンスで、勝ちにいきます。

 
 

宇都宮ブレックス
 続いて宇都宮ブレックスの『BEYOND』です。「自分たちの過去最高を越えていく」、「コロナ禍での厳しい局面を越えていく」という2つの意味があります。昨シーズンは惜しくも2位。だからこそ優勝に対する想いはどこよりも熱いはず!

 
 

群馬クレインサンダーズ
 群馬クレインサンダーズは『COME ON! “前人未踏”第2章、始まる。』です。B1初挑戦の今シーズンどこまで戦えるか、注目が集まります!

 
 

サンロッカーズ渋谷
 サンロッカーズ渋谷は『結 ~ALL IN~』。互いが固く手を結び、チームで戦う「結」の精神を継続する。そしてこれまで以上に高みをめざすべく、「個」がスキルアップを図り、すべてをチームに注いで全力で勝利をもぎ取っていくという想いが込められています。

 

滋賀レイクスターズ
 『Rush 突き進め』に決めたのは滋賀レイクスターズです。「加速度的な急成長を遂げ、チャンピオンシップ進出や2026年から始まる新B1リーグ参入を目指す」という想いを込めて決められたそうです。果たしてどんな成長を見せてくれるのでしょうか。

 

広島ドラゴンフライズ
 広島ドラゴンフライズは『B∞ST(ブースト)~UNITED WE STAND 2021-22~』を掲げました。「ドラゴンフライズが∞(無限)に前進していくことで、そのさまを∞(無限)に応援していただき、応援くださる皆さまと相互に勢いを与えあうことのできるクラブになりたい」という想いが込められています。

 

島根スサノオマジック
 最後に、島根スサノオマジックの『UNITE as ONE.』は、直訳すると「一致団結」。チーム、クラブはもちろん、地域や支援する皆さんと共にチームを成長させていきたいという熱量を感じます。

 

 どれも個性あふれたスローガンで面白いですよね。各クラブの熱い想い、伝わりましたでしょうか? ぜひ他のクラブのスローガンもチェックしてみてください!

\ Pickupコラム /

【B.LEAGUE会員になると情報満載のメルマガが毎週届く!】