NEWS

規約違反による制裁決定について

B.LEAGUEは、試合エントリー選手数に関する規約・規程違反により、下記のとおり処分を下しましたことをお知らせいたします。

1.制裁対象者
株式会社北海道バスケットボールクラブ(レバンガ北海道)
2.制裁の種類および内容等
(1)制裁の種類および内容:譴責(始末書をとり、将来を戒める)
(2)適用条項:①『Bリーグ規約』第34条【公式試合】第4項第1号
 ②『2016-17B1・B2リーグ戦試合実施要項』第5条【試合エントリー選手およびチームスタッフの人数】
(3)その他:今後同様の事態が繰り返されることのないように再発防止策を実行するようB.LEAGUEより指導・確認することとする。
3.違反行為の内容
当クラブは、B.LEAGUE開幕直前の9月14日に、リーグ登録選手である#3牧全選手の負傷の影響で、2016年9月24日(土),25日(日)に実施されたレバンガ北海道vs大阪エヴェッサの試合において、試合エントリー選手数の定めに違反し、9名での登録で試合に臨んだ。
4.制裁理由
(1)チーム編成以前の規約規程策定時に、10名でのリーグ登録による規約規程違反リスクがあることは認識しておりながら、選手の負傷により試合エントリー数が9名となってしまった。
(2)上記適用条項に基づき、譴責を科すこととし、今回のような不祥事の再発防止ならびに危機管理体制の再構築を図ることを要請する。
【参考】
■ Bリーグ規約第34条〔公式試合〕
(4)前項にいうトップチームは、以下の要件を満たすものとする。
① B1クラブのトップチームは、シーズン中は常に選手10名以上13名以下を保有し、アマチュア選手は2名以下とすること
② B2クラブのトップチームは、シーズン中は常に選手10名以上13名以下を保有し、プロ選手は5名以上とすること
■ 2016-17B1・B2リーグ戦試合実施要項第5条〔試合エントリー選手およびチームスタッフの人数〕
各試合にエントリーできる選手の人数は、1チームあたり10名~12名とし、チームスタッフの人数は、9名以内とする。