言語選択

Select Language

OK

ニュース

「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2022 IN OKINAWA」中止のお知らせ

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2022 IN OKINAWA」の開催を中止することを発表いたします。

 中止理由としまして、沖縄県、沖縄市とは現状の沖縄県内のコロナ感染状況においても、開催に向けて、前向きに連携をいただき協議を進めておりましたが、複数のB.LEAGUE所属選手が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受け、それに伴う濃厚接触者が多数生じる見込みがある中で、開催までの期間に欠場が多数生じる可能性が高いことから、中止の判断に至りました。

チケットの払い戻し方法につきましては、詳細が決定次第、B.LEAGUE公式サイト等でお知らせいたします。

■「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2022 IN OKINAWA」欠場見込み

  選出選手数 陽性判定および
濃厚接触者見込み数
B.BLACK 13名 6名
B.WHITE 14名 6名
27名 12名

※欠場見込み44.4%
※2022年1月6日(木)時点選出選手を基に算出
※濃厚接触者見込み数は、1月6日11:00時点で保健所により判断された選手と、調査中の場合はリーグの独自基準を用いて算出しております
※上記のため、保健所により最終的に判断された濃厚接触者数と一部乖離する場合がございます
※当該クラブによる発表タイミングにより、一部未発表分の計上がございます。予めご容赦ください
※陽性者および濃厚接触者判断該当者のプライバシーおよび人権保護の観点から、個人を特定されうる情報は差し控えさせていただきます

●島田慎二チェアマン コメント
 「B.STYLE」をテーマに掲げ、B.LEAGUE ALL-STAR GAMEによって開催地を元気にしたいという想いを強く持っているだけに、2年連続開催中止となったことは大変残念でなりません。
 開催に向けて、沖縄県、沖縄市をはじめ、多くのみなさまのお力添えをいただきながら、準備して参りました。ご協力を賜りました、沖縄県、沖縄市、沖縄県バスケットボール協会、パートナー各社の皆様、メディアの皆様、関係者の皆様には本当に感謝申し上げます。
 そしてファンの皆様には、2年連続の中止となり、残念な思いをされている方も多くいらっしゃると思います。大変申し訳ございません。
 私といたしましても、過去最大、最高のオールスターを見ていただくことで、新型コロナウイルス感染症で閉鎖感のある世の中において、少しでもみなさまに笑顔になっていただけると確信していただけに、非常に残念です。
 オールスターは中止となりましたが、同日に何かファンの皆様が楽しんでいただけるコンテンツは配信するよう検討しております。また、厳しい感染状況の中でもファンの皆様のご協力も頂きながら、リーグ戦の開催が許容されている限り、強い意志をもってリーグ戦を続けてまいります。引き続きのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。