NEWS

新リーグ1~3部階層分けの第2弾発表結果について

/news/img/img20150829-1.jpg

一般社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(本社:東京都文京区、理事長:川淵三郎、以下「JPBL」)は、所属リーグ(1部~3部)が決まっていなかった25クラブの階層分けを決定しましたのでお知らせいたします。この発表をもって参入予定45クラブのうち、さきに発表した20クラブとあわせ、2016年秋に開幕するクラブの顔ぶれがすべて出そろいました。

また併せて、3地区制(東・中・西)を導入いたします。これは日本のプロスポーツリーグとして初の試みとなり、これによりプレーオフ、ひいては年間チャンピオンの価値を最大限に盛り上げる効果があります。新リーグではファンのみなさまの笑顔が創出できるよう、引き続き新しい試みに挑戦していく予定です。どうぞご期待ください。

本日発表した25クラブの階層振り分け結果

  • 1部(6)

  • 2部(13)

    • 岩手ビッグブルズ

      IWATE BIG BULLS

    • パスラボ山形ワイヴァンズ

      Pass lab Yamagata wyverns

    • サイバーダインつくばロボッツ

      CYBERDYNE TSUKUBA ROBOTS

    • 群馬クレインサンダーズ

      GUNMA CRANE THUNDERS

    • 東京エクセレンス

      TOKYO EXCELLENCE

    • アースフレンズ東京Z

      EARTHFRIENDS TOKYO Z

    • 信州ブレイブウォリアーズ

      SHINSHU BRAVE WARRIORS

    • 西宮ストークス

      NISHINOMIYA STORKS

    • 広島ドラゴンフライズ

      HIROSHIMA DRAGONFLIES

    • 島根スサノオマジック

      Shimane Susanoo Magic

    • 熊本ヴォルターズ

      KUMAMOTO VOLTERS

    • 大分・愛媛ヒートデビルズ

      OITA EHIME HEATDEVILS

    • レノヴァ鹿児島

      RENOVA KAGOSHIMA

  • 3部(6)

所属が確定したクラブの選考基準について

今回、所属リーグが確定したクラブは、2015年3月25日のJAPAN 2024タスクフォース会議のプレスリリースで提示した基準をもとに下記のような基準で選考しております。

【1部】 今回は、基準との乖離の解消見込を確認し、相対評価をしたうえで、総合的に判断しております。
(再掲:7/30発表 1部基準)
「ホームアリーナの入場可能数5,000人」、「年間試合数の8割のホームゲームを実施できるホームアリーナの確保」「年間売上2.5億円」という条件を中心に総合的に判断しております。
【2部】 今回は、基準との乖離の解消見込を確認し、相対評価をしたうえで、総合的に判断しております。
(再掲:7/30発表 2部基準)
「ホームアリーナの入場可能数3,000人」「年間試合数の原則8割のホームゲームを実施できるホームアリーナの確保」「年間売上1億円」という条件を中心に総合的に判断しております。
【3部】 アマチュアクラブ、2部の基準を満たしてはいるが相対評価の結果2部とならなかったクラブ、2部の基準を満たしていないクラブが対象となっております。

2016年秋開幕 新リーグ参加予定45クラブ最終結果、及び、3地区制分け一覧

3部は地区制の導入はありません。

  • 1部(18)

    東地区
    中地区
    • 日立サンロッカーズ東京

      HITACHI SUNROCKERS TOKYO

    • 東芝ブレイブサンダース神奈川

      TOSHIBA BRAVE THUNDERS KANAGAWA

    • 横浜ビー・コルセアーズ

      YOKOHAMA B-CORSAIRS

    • 新潟アルビレックスBB

      NIIGATA ALBIREX BB

    • 富山グラウジーズ

      TOYAMA GROUSES

    • 浜松・東三河フェニックス

      HAMAMATSU HIGASHIMIKAWA PHOENIX

    西地区
    • アイシンシーホース三河

      AISIN SeaHorses Mikawa

    • 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋

      MITSUBISHI ELECTRIC DIAMOND Dolphins NAGOYA

    • 滋賀レイクスターズ

      SHIGA LAKESTARS

    • 京都ハンナリーズ

      KYOTO HANNARYZ

    • 大阪エヴェッサ

      OSAKA EVESSA

    • 琉球ゴールデンキングス

      Ryukyu Golden Kings

  • 2部(18)

    東地区
    • 青森ワッツ

      AOMORI WAT'S

    • 岩手ビッグブルズ

      IWATE BIG BULLS

    • パスラボ山形ワイヴァンズ

      Pass lab Yamagata wyverns

    • 福島ファイヤーボンズ

      Fukushima Fire Bonds

    • サイバーダインつくばロボッツ

      CYBERDYNE TSUKUBA ROBOTS

    • 群馬クレインサンダーズ

      GUNMA CRANE THUNDERS

    中地区
    • 東京エクセレンス

      TOKYO EXCELLENCE

    • アースフレンズ東京Z

      EARTHFRIENDS TOKYO Z

    • 信州ブレイブウォリアーズ

      SHINSHU BRAVE WARRIORS

    • 豊田通商ファイティングイーグルス 名古屋

      TOYOTA TSUSHO FIGHTING EAGLES NAGOYA

    • 西宮ストークス

      NISHINOMIYA STORKS

    • バンビシャス奈良

      Bambitious Nara

    西地区
    • 島根スサノオマジック

      Shimane Susanoo Magic

    • 広島ドラゴンフライズ

      HIROSHIMA DRAGONFLIES

    • 高松ファイブアローズ

      TAKAMATSU FIVE ARROWS

    • 大分・愛媛ヒートデビルズ

      OITA EHIME HEATDEVILS

    • 熊本ヴォルターズ

      KUMAMOTO VOLTERS

    • レノヴァ鹿児島

      RENOVA KAGOSHIMA

  • 3部(9)

    • 埼玉ブロンコス

      SAITAMA BRONCOS

    • 大塚商会アルファーズ

      Otsuka ALPHAS

    • 東京海上日動ビッグブルー

      Tokio Marine Nichido Big Blue

    • 東京サンレーヴス

      Tokyo Cinq Reves

    • 東京八王子トレインズ

      Tokyo Hachioji Trains

    • 金沢武士団

      KANAZAWA SAMURAIZ

    • アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城

      AISIN AW AREIONS ANJO

    • 豊田合成スコーピオンズ

      TOYODA GOSEI SCORPIONS

    • ライジング福岡

      RIZING FUKUOKA

(補足1)昇降格について

昇降格については以下の考え方を基本とします。
1部・2部間:2クラブ自動昇降格、1クラブ入替戦
2部・3部間:入れ替えを実施予定(クラブ数、入れ替えの方法は検討中)
ただし、いずれも昇格の対象になるには、昇格後の所属リーグのクラブライセンスを取得していることが条件となります。

(補足2)準加盟クラブについて

3部はプロ・アマ混成のリーグとなります。2部昇格を目指すクラブは一定の要件を満たせば準加盟クラブとなることができます。準加盟クラブであることは2部ライセンス取得のための前提条件となります。準加盟クラブの審査の詳細については今後発表いたします。