言語選択

Select Language

OK

ニュース

(4月7日12:00更新)B.LEAGUE新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン第11版の公開について

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、新型コロナウイルス感染症に関するB.LEAGUE新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン第11版(以下「ガイドライン」)を下記のとおり公開させていただきますので、お知らせいたします。

このガイドラインでは、新型コロナウイルス感染症の蔓延を受け、公式試合を安全に実施するための、日常の感染予防対策から、練習・トレーニングに際するガイドライン、移動・宿泊時の留意事項、各開催方式ごとの試合運営に関する内容を規定しております。

今回の改正は、国内での新型コロナウイルス感染症への対策において、主流となるオミクロン株の特性を前提とし、厚生労働省より公表されている濃厚接触者の調査や判断ならびにその待機期間・待機措置についての改正を受け、主にクラブにおける陽性者発生時の対応方針について改正しております。特にオンコートにおける安心・安全を担保した上で、少しでも多くの試合を安定的に開催していくことを目指し、改正を行っております。合わせまして、新型コロナウイルス感染症の感染予防と、感染拡大防止のために規定しております「新型コロナウイルスの感染拡大防止のための来場及び観戦に関するルール」につきましても、(1)入場制限にて規定しておりました渡航歴のある方の適用規定を改正しておりますので、お知らせいたします。

※4月7日 更新事項
陽性者発生時に生じた「その他接触者」の行動待機解除に必要な検査について、規定の検査以外の代替検査および優先適用の考え方を更新し、ガイドライン第11.1版として再度改正いたしました。


ガイドラインの全文はこちらからご覧いただけます。
第10版からの改正箇所はこちらからご覧いただけます。
「新型コロナウイルスの感染拡大防止のための来場及び観戦に関するルール」はこちらからご覧いただけます。
※4月5日(火)付でお知らせしております濃厚接触者に関する主な取扱い改正はこちらからご覧いただけます。

その他、ご来場、ご観戦いただく皆様へ適用させていただく感染対策事項についての改正はございませんので、ご承知おきください。

引き続き、B.LEAGUEでは政府方針や各省庁の基準・目安をもとに、各自治体の判断・指示に従い、予め了解を得た上で公式試合を進めてまいります。

今シーズンも、ご来場、ご観戦いただくすべての皆様のご理解とご協力が必要不可欠です。

変わらぬご支援と、ご協力のほど、よろしくお願い致します。