言語選択

Select Language

OK

ニュース

宇都宮・琉球出場の東アジアスーパーリーグ2022-23シーズン 6/28にグループ分け抽選会を実施

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、2022年10月より開幕する東アジアスーパーリーグ(East Asia Super League「EASL」)2022-23シーズンに宇都宮ブレックスと琉球ゴールデンキングスがB.LEAGUE代表として出場しますので、お知らせします。

 EASL2022-23シーズンは、B.LEAGUE(日本)、KBL(韓国)、PBA(フィリピン)からそれぞれ前シーズンの優勝チームと準優勝チームに出場権が与えられます。その他、P.LEAGUE+(チャイニーズ・タイペイ)の優勝チーム、新たに結成された中華圏を代表するベイエリアドラゴンズ(ホームはフィリピン)の計8チームが参加します。

 2022年10月から2023年2月までの水曜日にグループステージ(ホーム&アウェー計6試合)が開催され、各グループ上位2チームがファイナル4に進み、2023年3月にEASLの初代チャンピオンを目指し、トーナメント形式で戦います。優勝チームには賞金100万ドル(約1億円)が贈呈されます。

 大会に先駆け、2022年6月28日(火)フィリピン・マニラにて、EASL2022-23シーズンのグループ分け抽選会が開催されます。各リーグ代表者が集結し、コイントスにて組み合わせを決定します。B.LEAGUEより島田慎二チェアマンが参加します。宇都宮・琉球の選手はオンラインにて参加を予定しています。
EASLに関する情報は、EASLの公式WEBサイトをご確認ください。

■島田慎二チェアマンコメント
東アジアスーパーリーグ2022-23シーズンに、B.LEAGUE屈指の実力と人気を持つ宇都宮ブレックスと琉球ゴールデンキングスが参加します。両クラブのアジアでの活躍を期待すると共に、ホームゲームにて日本のバスケの盛り上がりと、ファンの方々の両クラブへの熱い応援をアジア中にお届けできることを楽しみにしております。

■East Asia Super League CEO マット・ベイヤーコメント
 東アジアスーパーリーグは、B.LEAGUEの 2021-22シーズンで優勝した宇都宮ブレックスと準優勝した琉球ゴールデンキングスを迎え、ホーム&アウェー形式による第1回目のシーズンを開催することを決定しました。東アジアのバスケットボールの拠点として、東アジアスーパーリーグはB.LEAGUEと協力し、アジア地域における最高峰のリーグに参加するトップ選手たちを集め、スポーツの発展に貢献できることを嬉しく思っています。