NEWS

B.LEAGUE常務理事・事務局長の葦原一正著「稼ぐがすべて~Bリーグこそ最強のビジネスモデルである~」発刊のお知らせ

公益財団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)常務理事・事務局長の葦原一正著書の「稼ぐがすべて~Bリーグこそ最強のビジネスモデルである~」が株式会社あさ出版より9月29日(土)に発刊されます。そしてビジネス書籍で初めてとなる、スマホをかざして動画が楽しめるAR対応書籍となっています

【本邦初AR対応ビジネス書籍】

本書内にはARに対応した動画が10か所に埋め込まれています。Android・iOS対応のARアプリをインストールし、スマホを該当の箇所にかざすことで楽しむことが可能です。歴史的開幕戦の動画のほか、1年目・2年目のBリーグの施策データなども収録しています。10か所すべて見ることで試合チケットが当たるプレゼント企画も実施しています。

【書籍情報】

稼ぐがすべて ~Bリーグこそ最強のビジネスモデルである~
刊行日 :2018年9月29日(土)
価格  :1500円(税抜)
ページ数: 240ページ
著者名 :葦原 一正

【目次】

 第1章 人財採用論 「人材」ではなく「人財」が成否を握る
 第2章 リーダー論  DNAとなった川淵流リーダーシップ論
 第3章 事業戦略論   野球・サッカーを超える
 第4章 マーケティング戦略論 ターゲットは「若者」と「女性」
 第5章 営業論     B.LEAGUE流 ! お金の稼ぎ方の本質
 第6章 コンテンツ論 すべてをかけた歴史的開幕戦の裏側
第7章 ビジョン論  B.LEAGUE現在地、そして課題

【概要】

異なるバスケットボール団体2団体の統廃からはじまったB.LEAGUE。不安よそに観客動員数は、前体制から比べ、1年目は40%増、2年目はさらに11%増(250万人)、リーグ売上も10倍(50億円)と一大スポーツリーグとなりました。現在、各スポーツ団体が苦戦をする中、成長の秘訣は 「デジタルマーケティング」と「権益の統合」にありました。J リーグ初代チェアマン川淵 三郎 氏との出会い、そしてB.LEAGUEが、一大スポーツリーグになるまでの秘密を現場最高責任者が、本書で語ります。

この書籍の収益金はB.LEAGUE Hopeの活動資金として利用予定です。