NEWS

「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019」にてオフィシャルホスピタリティプログラムを実施

試合とお食事、エンターテイメントをセットで提供

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(所在地:東京都文京区、理事長: 大河正明 以下「B.LEAGUE」)は、同法人が主催する「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019」において、STH Japan株式会社による監修を受け、オフィシャルホスピタリティプログラムを提供します。
 オフィシャルホスピタリティプログラムとは、試合前からゆっくりとお食事やエンターテイメントを楽しみながら観戦に向けて気持ちを盛り上げ、試合後もゆっくりと余韻に浸っていただく、新しい観戦スタイルです。欧州や北米ではスポーツ観戦者の中で定着していますが、日本ではまだあまり普及しておらず、国内プロリーグにおいて本格的に提供するのは初のケースとなります。
 なお、本プログラムの販売は、株式会社JTBに業務を委託しています。一般販売については、追ってB.LEAGUE公式WEBサイト等にてお知らせいたします。

■STH Japan株式会社について

 STH Japan株式会社は、英国Sports Travel & Hospitality Group(以下、STHグループ:51%出資)と株式会社ジェイティービー(49%出資)の合弁会社として設立された、ラグビーワールドカップ2019™唯一の公式ホスピタリティープロバイダーです。
STHグループは、世界における大規模スポーツイベントにおいてホスピタリティプログラムを開発、販売しています。ラグビーワールドカップでは、2007年大会から継続して、公式ホスピタリティープロバイダーとして様々なサービスを提供してきました。