NEWS

「B.LEAGUEモテ男No.1決定戦」小柳津林太郎さんがアドバイザーに就任、中間結果も発表

~栃木#13渡邉選手が暫定1位~

「Amazon Prime Video」で配信中の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』で2代目バチェラーを務めた小柳津林太郎さんが、「B.LEAGUE モテ男No.1決定戦」のアドバイザーに就任しました。

「B.LEAGUE モテ男No.1決定戦」は、B.LEAGUE初年度から毎年実施しているバレンタイン投票企画です。今年は「愛され男子」をテーマとし、投票は各チームから3名ずつエントリーされた合計108名の選手を対象に行われています。2月11日(月)まで投票を受け付け、最終結果は2月14日(木)に発表予定です。

今回アドバイザーに就任した小柳津さんには、投票開始前の企画会議に参加していただき、特設WEBサイトや選手のアピールについてのアイディアをいただきました。本日、それを基に特設WEBサイトを更新。エントリーした選手のオフショットをプロフィール写真に追加しました。選手写真をクリックあるいはタップすることで、見ることができます。
※特設WEBサイト https://www.bleague.jp/valentine/2019/
※未反映の選手は、準備が整い次第反映します。

また、合わせて中間発表の結果をお知らせします。 現在の1位は、過去2回の開催でいずれも2位を獲得した栃木#13渡邉選手。初のモテ男No.1獲得に向け、順調な滑り出しを見せました。
 

B.LEAGUE モテ男No.1決定戦 中間結果 2月6日0時時点

順位 所属クラブ 背番号 選手名 得票数
1位 栃木ブレックス 13 渡邉 裕規 8,397
2位 栃木ブレックス 9 遠藤 祐亮 5,729
3位 栃木ブレックス 22 ライアン・ロシター 4,872
4位 レバンガ北海道 8 多嶋 朝飛 3,804
5位 琉球ゴールデンキングス 11 須田 侑太郎 3,509
6位 アルバルク東京 6 馬場 雄大 3,356
7位 シーホース三河 46 生原 秀将 3,021
8位 新潟アルビレックスBB 7 五十嵐 圭 2,966
9位 千葉ジェッツ 31 原 修太 2,838
10位 千葉ジェッツ 11 西村 文男 2,711
 
小柳津林太郎さんプロフィール

1981年京都生まれ(現在37歳)
PL学園高等学校卒業後、2001年慶応義塾大学経済学部入学。
慶応義塾大学英語會にて、英語演劇に勤しむ。
2006年(株)サイバーエージェント入社
2008年(株)CyberX代表取締役就任
2018年(株)AbemaTVに出向。
アナウンス室長、マキシマイズ室長、制作局次世代プロデュース室長兼任。

・Instagram
 https://www.instagram.com/rinsta_gram1002/
・Twitter
 https://twitter.com/mcrin72
・Official Blog
 https://ameblo.jp/spotlight/