言語選択

Select Language

OK

ニュース

2019-20シーズン採用ルールおよび規約規程の改正のお知らせ

B.LEAGUEは、下記 競技レギュレーションを変更をお知らせします。

競技規則上の抗議の一部採用

A.以下いずれかの事象が発生
 ① 審判によって訂正されなかったスコアおよびゲームクロックの管理、ショットクロックの操作での誤り
 ② ゲームの没収、中止、延期、再開もしくはプレーをしないことについての決定
 ③ 適用される出場資格に対する違反
B.当該クラブが試合中にその誤りや事象、違反について把握し、当該事象についての指摘を、適時にテーブルオフィシャルズまたは審判に対して行っていた
C.発生した事象が①だった場合、当該クラブが敗戦し、当該抗議事象の発生により直接的に被った失点または相手クラブ側への誤った得点計上が、最終得点差と同数もしくはそれ以上だった

A~C 全ての条件を満たしていた場合、当該クラブの適切な手続き後に、チェアマンが下記のいずれかから当該試合の取扱いを決定する。
① 40分間の再試合
② 抗議事象時点からの再試合
③ 終了時点での試合成立
④ 当該抗議事象により影響を受けたと認められる記録を修正し、試合成立


(以下、該当の新設条項)

Bリーグ規約
第60条の2〔競技規則上の抗議の採用〕

(1)競技規則「C-抗議の手続き」に定められた抗議については、理事会が制定する「B1・B2リーグ戦試合実施要項」の定めるとおりとする。
(2) 前項の抗議が適切に手続きされた場合、チェアマンはその認容または棄却を決定し、認容する場合、当該試合の取扱いについては、次の各号からチェアマンが決定する
 ① 40分間の再試合
 ② 抗議事象時点からの再試合
 ③ 終了時点での試合成立
 ④ 当該抗議事象により影響を受けたと認められる記録を修正し、試合成立


B1・B2リーグ戦試合実施要項
第18条[抗議の手続き] 

(1)Bクラブは、次の各号について不利益を受けた場合、抗議を申し立てることができることとする。ただし、第1号については、当該クラブが敗戦し、当該抗議事象の発生により直接的に被った失点または相手クラブ側への誤った得点計上が、最終得点差と同数もしくはそれ以上だった場合に限る。
 ① 審判によって訂正されなかったスコアおよびゲームクロックの管理、ショットクロックの操作での誤り
 ② ゲームの没収、中止、延期、再開もしくはプレーをしないことについての決定
 ③ 適用される出場資格に対する違反
(2) 抗議が受理されるためには、次の各号の手順に従わなければならない。
 ① 当該クラブが試合中にその誤りや事象、違反について把握し、当該事象についての指摘を、適時にテーブルオフィシャルズまたは審判に対して行っていたことを要件とする
 ② ゲーム終了後15分以内に、抗議を行おうとするクラブのキャプテンは、そのクラブが当該試合結果に対して抗議を行うことを当該試合のゲームディレクターに知らせ、スコアシートの抗議欄にサインをしなければならない。
 ③ ゲーム終了後1時間以内に、そのクラブは抗議の理由と根拠を文書にて提出しなければならない。その際、電子データでの提出を認める。
 ④ 1件の抗議に対し保証金として15万円(税抜)を添えなければならず、抗議が棄却された場合は返還しないこととする。
(3) 抗議の意を受けたゲームディレクターは、その旨をBリーグ宛に速やかに通知し、緊急報告書を用いて報告する。
(4) 抗議の手続きが適切に履行された場合、チェアマンは可及的速やかにBリーグ規約第60条の2のとおり適切な決定を下すこととする。
(5) 前項の決定に対する再審査や抗議は受け付けない。

懲罰範囲の拡張

下記、赤字事項を追加しました。

懲罰規程
第5条〔懲罰の基準〕

 (3) Bリーグ規約第60条第1項第3号の事由が発生した際の懲罰基準は、次のとおりとする。
⑨ 選手等が選手等または一般大衆等に対する著しい威嚇・挑発・侮辱行為をした場合
ア 1回目の場合:最大2試合の出場停止および罰金
イ 繰り返した場合:最大4試合の出場停止および罰金

⑩ 選手等が試合後または試合中の失格退場後に次の各号にあげられる、Bリーグの関係者としての品位を欠き、リーグの価値を損なう行為を行った場合
ア 審判判定に対する執拗な抗議や異論表現
イ ボールを蹴り上げたり投げつけたりする行為
ウ 試合後に相手クラブやクラブ関係者に対する侮辱行為
エ 前各号に類する行為
(ⅰ) 1回目の場合:最大2試合の出場停止および罰金
(ⅱ) 繰り返した場合:最大4試合の出場停止および罰金
⑪ 選手等が審判や審判による判定、相手クラブ、クラブ関係者に対して、SNS等を用いた不満表現、異論表現および批判行為をした場合
   ア 1回目の場合:最大2試合の出場停止および罰金
   イ 繰り返した場合:最大4試合の出場停止および罰金

 

 

【参考資料】

B1・B2リーグ戦試合実施要項
Bリーグ規約
懲罰規程