言語選択

Select Language

OK

ニュース

大阪エヴェッサ所属選手における新型コロナウイルス感染症陽性判定に関するチェアマンコメント

大阪エヴェッサ所属の選手が、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたとクラブより報告がありました。 当該選手は嗅覚異常などの症状が出ていますが、重篤な容体ではないことも併せて報告を受けております。また大阪所属の他複数選手にも体調不良と見受けられる症状が出ているとも聞いております。
体調不良の選手の容体がこれ以上悪化しないこと、そして早期の回復を祈っております。
現在B.LEAGUEでは2019-20シーズンが終了してからも各クラブから選手を始めスタッフの皆さんの体調報告を受け、選手、スタッフのみならず、その家族を守るべく全クラブと密に連携し対応を行っております。新型コロナウイルス感染症の拡大を少しでも防ぐべく、今すべきことを考え、徹底してまいります。