言語選択

Select Language

OK

ニュース

B.LEAGUE 2020-21シーズン 地区分け・シーズン終了後の昇降格について発表

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン: 大河正明 以下「B.LEAGUE」)は、4月24日(金)開催の理事会において2020-21シーズン B.LEAGUEクラブライセンス交付について決定したことを受け、 B1・B2それぞれの所属チームおよび地区分けを決定しました。また、2020-21シーズン終了後の昇降格の取り扱いについて、下記の通り決定しましたのでお知らせします。

2020-21シーズンは、B1:20クラブ、B2:16クラブの計36クラブが下記の地区に分かれ、リーグ戦を戦います。また、シーズン終了後は、B2からB1に2クラブが自動昇格(※)し、その他の昇降格は行わないことを決定しました。それに伴い、B1残留プレーオフおよびB1・B2入替戦、B2・B3入替戦は実施しません。

<2020-21シーズン地区分け>(★印が昇格)
【B1】 東地区:北海道、秋田、宇都宮、千葉、A東京、SR渋谷、川崎、横浜、新潟、富山
     西地区:★信州、三遠、三河、名古屋D、滋賀、京都、大阪、島根、★広島、琉球
【B2】 東地区:青森、仙台、山形、福島、茨城、群馬、越谷、東京Z
     西地区:FE名古屋、西宮、奈良、香川、愛媛、福岡、★佐賀、熊本

<2020-21シーズン終了後の昇降格>
【B1・B2】 自動昇格:2枠(※)
      降格なし
【B2・B3】 昇降格なし
※B2から昇格する2クラブの決定方法は、決定次第発表します