言語選択

Select Language

OK

ニュース

B.LEAGUE Hopeによるクラウドファンディング実施決定のお知らせ 日本バスケットボール選手会・Wリーグ選手有志との初の共同プロジェクト

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:大河 正明、以下「B.LEAGUE」)は、新型コロナウイルス感染症によるこの状況下でも社会を元気にする一助となる為に、社会的責任活動であるB.LEAGUE Hope(以下、B.Hope)として日本バスケットボール選手会(以下、JBPA)とWリーグ選手有志との初の共同企画でクラウドファンディングを実施することをお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症によるこの状況下で我々スポーツ団体が日本を元気にする一助になりたいという想いから、このクラウドファンディングを立ち上げることになりました。
「今、バスケットボールを思いきり楽しめない子供たちに何かできないか」選手たちのそんな想いから生まれた、JBPA、Wリーグ(バスケットボール女子日本リーグ)選手有志とB.Hopeの共同プロジェクトです。

今年3月に開催予定だった、「全国U15バスケットボール選手権プレ大会」、「第51回全国ミニバスケットボール大会」が中止となり、憧れの舞台に向けて一生懸命練習していた子どもや大会に出れないまま卒業してしまった子どもたちに、「これからもバスケを続けて欲しい」という願いを込めてバスケットボールと憧れの選手からの応援メッセージ動画をプレゼント予定です。
また、新型コロナウイルス感染症の影響により困難な状況にある子どもたちの為に、認定NPO法人フローレンスが行っている「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」にも一部寄付させて頂きます。B.LEAGUEの 12クラブも同時にクラウドファウンディングをスタートさせます。
頂いた寄付金は、医療の現場、地域の支援等に使用するほか、各クラブをさらに魅力的なコンテンツにパワーアップさせるために活用させていただきます。

【クラウドファンディング概要】
■開催期間
2020年5月8日(金)~6月19日(金)
■特設サイト
https://fanbeats.jp/collaboration/blh
※19時オープン予定です