NEWS

「B.LEAGUE AWARD SHOW 2019-20」最終日はベストファイブなどの受賞者を発表 A東京 田中選手がMVPを初受賞、川崎 藤井選手がリーグ初の個人賞トリプル受賞

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(所東京都文京区、チェアマン:大河正明 以下「B.LEAGUE」)は、2020年5月8日(金)から本日 5月10日(日)にかけて、初の試みとしてオンラインで「B.LEAGUE AWARD SHOW 2019-20」を開催しました。本日の<DAY3>にて、以下の賞の受賞者を発表いたしましたので、お知らせします。

B1に所属する選手、HC、そしてメディアによる投票で決まるベストファイブでは、ライアン・ロシター選手(宇都宮ブレックス)と藤井 祐眞選手(川崎ブレイブサンダース)が初受賞。藤井選手は、ベストディフェンダー賞・ベスト6thマン賞も受賞し、B.LEAGUE史上初となる個人賞トリプル受賞を果たしました。富樫 勇樹選手(千葉ジェッツ)、田中 大貴選手(アルバルク東京)、金丸 晃輔選手(シーホース三河)は4年連続4回目のベストファイブ受賞で、投票最多得点の田中選手が「レギュラーシーズン最優秀選手賞(MVP)」に初めて輝きました。

MASCOT OF THE YEAR 2019-20では、ジャンボくん(千葉ジェッツ)が3連覇を達成して殿堂入りを果たしました。ファンの方が番組に出演し、ジャンボくんにお祝いの言葉を伝えました。その他にもTwitterに投稿されたメッセージを番組内で紹介するなど、3日間を通して、ファン参加型の番組をお届けしました。

<「B.LEAGUE AWARD SHOW 2019-20」特設サイト>
https://www.bleague.jp/award-show/2019-20/
※受賞者のコメントは特設サイトをご覧ください

個人表彰 受賞者 No. 所属クラブ 受賞歴
レギュラーシーズン 最優秀選手賞(MVP) 田中 大貴 24 アルバルク東京 初受賞
レギュラーシーズン ベストファイブ ライアン・ロシター 22 宇都宮ブレックス 初受賞
富樫 勇樹 2 千葉ジェッツ 4年連続4回目
田中 大貴 24 アルバルク東京 4年連続4回目
藤井 祐眞 0 川崎ブレイブサンダース 初受賞
金丸 晃輔 14 シーホース三河 4年連続4回目
ベスト6thマン賞 藤井 祐眞 0 川崎ブレイブサンダース 2年ぶり2回目
ベストディフェンダー賞 藤井 祐眞 0 川崎ブレイブサンダース 初受賞
B.LEAGUE特別表彰 受賞者 所属クラブ 受賞歴
マスコットオブザイヤー ジャンボくん 千葉ジェッツ 3年連続3回目
※殿堂入り