言語選択

Select Language

OK

ニュース

B.LEAGUE 2020-21 SEASON 開幕のご報告~総再生数180万超えを記録、昨対約1.9倍~

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、2020 年 10 月 2 日(金)にB.LEAGUE 2020-21シーズンが開幕いたしましたことをご報告いたします。
開幕節(10月2日~4日)では、入場制限付きでの開催となりましたが、全国36試合総入場者数 43,766人(1試合平均1,216人)のお客様(※1)にお越しいただきました。また配信では、昨年と比較して1.9倍増となる総再生数180万越えを記録(※2)し、多くの皆さまにB.LEAGUE 5シーズン目を応援頂き心より感謝申し上げます。一部配信に関し不具合があり、ご迷惑をおかけいたしましたが改善に向けて早急に対応して参ります。
今シーズンは、困難や課題に直面することがあるかと思いますが、このような時だからこそ「バスケで日本を元気に」できるよう、B.LEAGUEはクラブ、選手と一丸となり、チャレンジしてまいります。

■島田慎二 チェアマンコメント
10月2日、5シーズン目となるB.LEAGUE 2020-21シーズンが開幕いたしました。
経験したことのない困難な状況の中、開幕出来ましたこと、ファンの皆さま、B.LEAGUEに関わる関係者のすべての皆さまの多大なるご協力、ご尽力のおかげでございます。改めまして御礼申し上げます。
昨シーズンの中断以降、世界中で暗いニュースが続く中、B.LEAGUEが開幕し、少しでも皆様に日々の活力や喜びにしていただけたら、嬉しく思います。 これから全国各地よりバスケを通じて元気になっていただくために、このシーズンを最後までやり遂げたいと、この開幕節を終えて改めて感じております。
今シーズンもより一層のご声援をどうぞ宜しくお願いいたします。


(※1)開幕節(10月2日~4日)入場者数
合計:43,766人、平均1,216人(36試合)
B1:合計:30,332人、平均:1,517人(20試合)
B2:合計:13,434人、平均:840人(16試合)

(※2)開幕節(10月2日~4日)バスケットLIVE及びスポーツナビにおける合算