言語選択

Select Language

OK

ニュース

越谷アルファーズ所属選手に関するクラブ発表を受けて

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、越谷アルファーズ所属選手に関するクラブからの発表を受けて、チェアマンである島田慎二のコメントを申し上げます。


B.LEAGUEチェアマン 島田慎二 コメント


2020年10月31日(土)、越谷アルファーズに所属するホール百音アレックス選手が、「過失運転致傷」「道路交通法違反」の容疑で任意捜査されたとの報告をクラブから受けました。

コロナ禍においても「バスケで日本を元気に」を目指して、今こそバスケットボール界は一致団結して、気を引き締めて、乗り越えなければならないという中での、今回の出来事は、現在捜査中ではございますが、事実であれば本当に残念で、多くの方の期待を裏切ってしまったことは許されることではありません。
本人には猛省をしていただきたいと思っておりますし、他の選手、クラブ関係者、リーグ関係者も他人事と思わず、改めて気を引き締めなければなりません。

今後、再発防止のために、自分だけなら大丈夫、少しなら大丈夫、そのような甘い考えを一切持たず、研修などを通じ、リーグ、クラブ、選手一人一人の意識を高め、プロフェッショナルとしての社会的責任を果たしていく所存です。