言語選択

Select Language

OK

ニュース

スポーツ振興投票法改正による バスケットボールのスポーツ振興投票対象追加について

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)はスポーツ振興投票法の改正案が本日12月2日の参議院本会議にて賛成多数で可決し、バスケットボールがスポーツ振興投票の対象に追加される予定になりましたことをお知らせいたします。

バスケットボールがスポーツ振興投票の対象に追加され、B.LEAGUEの試合を対象としたスポーツ振興投票の新商品が販売されることで、B.LEAGUE、バスケットボール界の盛り上がりにつながることはもとより、スポーツ振興投票の売上拡大によりスポーツ振興助成拡大などに向けた財源確保に貢献できることから、本法案の成立に向けて、島田チェアマンを中心に、超党派のスポーツ議員連盟及びバスケットボール振興議員連盟合同会議へ要望書を提出するなど活動を続けてまいりました。


【島田チェアマン コメント】
この度、バスケットボールがスポーツ振興投票の対象に追加され、今後B.LEAGUEの試合を対象とした新商品が販売される見通しとなりました。B.LEAGUEがスポーツ振興助成財源の拡大に貢献できることは非常に光栄なことであるとともに、ますますの安定した運営に対する責任を同時に感じます。今回法改正に伴い感染症等に対する支援も助成対象になるため、新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況が続くスポーツ界にとって非常にポジティブなことだと考えております。我々も助成制度を活用しながら、リーグやクラブの発展につなげていきたいと思っております。