B.MAGAZINE

三河vs大阪|地区6位同士の今季初対決…三河はガードナーが攻守両面で存在感を発揮したい

2023.03.24

見どころ・レポート

Bリーグ 2022-23 B1リーグ戦 第27節

シーホース三河 vs 大阪エヴェッサ

 今節のシーホース三河は、第23節以来となるウィングアリーナ刈谷でのホームゲーム。アウェー4連戦を3勝1敗で勝ち越したいい流れをキープし、大阪エヴェッサ相手に連勝なるか。

 横浜ビー・コルセアーズのホームに乗り込んだ前節は、最後までもつれた熱戦を90-89で制した。相手に0-10のランを許す苦しい立ち上がりだったが、前半終了時には4点をリードして試合を折り返した。その後は1点を争うシーソーゲームとなったものの、第4クォーター残り3分23秒から長野誠史のジャンプショット、西田優大の連続得点で5点差に広げ、ここで得たリードを最後まで死守。ダバンテ・ガードナーとクインシー・ミラーは、そろってダブルダブルをマークする活躍で勝利の立役者となった。

 一方、前節の大阪はホームで黒星を喫した。島根スサノオマジックを迎え撃った一戦は、最終スコア64-75。ディフェンスでは及第点と言える数字を残したが、フィールドゴール成功率が33.3パーセントと、思うようにシュートが決まらず、オフェンスで苦しんだ。

 中地区6位と西地区6位が激突する今シーズンの初対決。三河はガードナーが2試合連続でダブルダブルをマークしており、今節もベンチからの躍動に期待が高まる。前節からオフェンス面の修正が問われる大阪は、日本人選手の活躍がポイント。合田怜、橋本拓哉、木下誠がコンスタントに得点を重ね、的を絞らせない攻撃を披露して連敗脱出なるか。

文=小沼克年

関連リンク