言語選択

Select Language

OK

ニュース

B.LEAGUE所属クラブにおける大麻取締法違反による逮捕報道について

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(本社:東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、違法薬物に関する報道の通り、B.LEAGUE所属クラブに在籍する選手が大麻取締法違反(輸入)で逮捕されたことをお知らせいたします。


■島田慎二チェアマンコメント

B.LEAGUE所属クラブに在籍していた選手が大麻取締法違反により逮捕されたことは、 選手、クラブ、リーグは、このような厳しい状況の中、バスケを通じて少しでも日本を元気にできるように、全員が前を向いて進んでいた中で、本当に残念でしかありません。同時に、いつもB.LEAGUEをご支援いただいております、パートナー各社様、ファンの皆様には深くお詫び申し上げます。

B.LEAGUEではリーグ開幕初年度から外国籍選手を含む選手たちへの研修を実施し、日本国内における違法薬物等の認識、留意点などを伝え、選手のリーグ登録時には薬物検査を行い、リーグ内に違法薬物が持ち込まれないような取り組みを行って参りました。今シーズンは、法令遵守やコンプライアンス遵守の観点から、eラーニングも取り入れ、更なる取り組みを実施して参りました。

しかしながら、過去にも外国籍選手およびコーチの違法薬物関連の事案が発生しており、再発を防ぐことができていないのが現状です。
改めて、各クラブの研修体制の把握と指導を行い、社会の信頼を失うことのないよう努めて参りたいと思っております。