言語選択

Select Language

OK

ニュース

【島根vs広島】”中国山地ダービー”注目は日本代表クラスのマッチアップ

 いよいよ第30節を迎えるB1リーグ戦。今節の最注目カードは島根スサノオマジックと広島ドラゴンフライズによる“中国山地ダービー”だ。

 今節は年に一度の鳥取県民体育館での開催。第25節からアウェーでの連戦だった島根としては、久しぶりのホームゲームでファンへ勝利を届けたいところだが、一方の広島も負けられない。両クラブが今シーズン初めて激突した11月6日、7日の第6節では広島がホームで連敗を喫しており、現在西地区2位の島根に対し広島は5位でチャンピオンシップ出場圏外。逆転でのチャンピオンシップ進出へ向けては連勝が求められる。
 
 前回対戦では、第1クォーターに38得点を奪って先にペースを掴んだ島根が102-81でGAME1を制した。しかし、GAME2は前半終了時点でともに50得点を超える激しい点の取り合いとなり、延長戦までもつれた熱戦の末に113-109で決着。開幕前の大型補強に成功し、互いに得点力のある選手を揃えた両者の対戦は、再び白熱したハイスコアゲームになることが予想される。

 その中でも必見なのは、今シーズンから新天地で活躍する日本代表経験者による対決。ポイントガードを務める島根の安藤誓哉と広島の寺嶋良のマッチアップと、島根の金丸晃輔と広島の辻直人のシューター対決だ。前回のGAME2では4選手とも20得点以上をマークしているだけに、今節も各選手が持ち前の得点力を発揮して会場のボルテージを上げてくれるだろう。そして、試合を決める活躍を見せるのは一体どの選手か。

 B1・東地区の千葉ジェッツ、西地区の琉球ゴールデンキングスはすでに地区優勝のマジックナンバーが点灯、リーグ戦最終盤の激しい戦いが続く。さらに「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」への出場を賭けて、各クラブとも負けられない試合が続く。どのマッチアップも激戦必至だ。

\ Pickupコラム /

【B.LEAGUE会員になると情報満載のメルマガが毎週届く!】