言語選択

Select Language

OK

ニュース

「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22」 詳細決定 ~AWARD SHOW前後に新企画! 6月2日(木)、3日(金) 2夜連続オンライン配信で開催!~

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田 慎二 以下「B.LEAGUE」)は、「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22」の概要について下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。

 「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22」は、表彰対象者を称えるメインイベントであるAWARD SHOWの前後に新たな特別コンテンツを企画し、3部構成で実施いたします。AWARD SHOWの前夜に開催する、TAILGATE PARTYでは、翌日に迫ったAWARD SHOWの表彰に向けてファンの皆様の関心をより一層高めるようなコンテンツを企画。AWARD SHOW後に開催するAFTER PARTYでは、AWARD SHOWではお伝えし尽くせなかった情報の提供や、表彰対象者ならびにイベントの裏側の様子をお届けいたします。
 B.LEAGUEのブランドメッセージである、“DRIVE YOU CRAZY”をファンの皆様に実感していただく機会を目指して、キービジュアルには「シーズンを通してワクワクや感動を届けてきた全員の思いが最後に一つとなってゴールに結びつき、未来へつなげる」という想いを込めています。



「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22」 概要 (予定)
【実施日時】
 TAILGATE PARTY (テールゲートパーティー):2022年6月2日(木) ※時間調整中
 AWARD SHOW (アワードショー):2022年6月3日(金)※時間調整中
 AFTER PARTY (アフターパーティー):2022年6月3日(金)※時間調整中
【配信】 オンライン配信を予定 ※配信プラットフォームが決定次第お知らせいたします。
【出演者】 表彰対象者、B.LEAGUEチェアマン 島田慎二、MC、スペシャルトークゲスト
【特設WEB】 https://www.bleague.jp/award-show/2021-22/



「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22表彰・発表項目」
※その他の表彰項目は「B リーグ規約:表彰規程」をご参照ください。

<クラブ表彰>
当該レギュラーシーズンの実績によって表彰対象クラブを決定する

タイトル 決定方法
年間優勝 B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22で優勝したクラブに与えられる
マスコットオブザイヤー B.LEAGUE MASCOT OF THE YEAR 2021-22で1位のマスコットに与えられる
ソーシャルメディア最優秀クラブ 今年度SNSフォロワー数が最も増加したクラブに与えられる
ベストパフォーマンスチーム 各クラブのパフォーマンスチームによる投票で1位のクラブに与えられる
※自クラブへの投票不可

<リーダーズ表彰>
各スタッツのランキングによって表彰対象者を決定する
※各賞は当該レギュラーシーズンにおいて各チーム実施試合数の85%以上(60試合実施クラブにおいては51試合。消滅試合がある場合は、その試合を除いた実施試合数が対象。)出場した選手が対象

タイトル 決定方法
得点王 レギュラーシーズン平均得点数が最も高い選手に与えられる
アシスト王 レギュラーシーズン平均アシスト数が最も高い選手に与えられる
リバウンド王 レギュラーシーズン平均リバウンド数が最も高い選手に与えられる
スティール王 レギュラーシーズン平均スティール数が最も高い選手に与えられる
ブロック王 レギュラーシーズン平均ブロック数が最も高い選手に与えられる
ベスト3P成功率賞 レギュラーシーズン 3P シュート成功率が最も高い選手に与えられる
※各チーム実施試合数における 1 試合平均 3P シュート成功数 1.5 本以上の選手が対象
ベストFT成功率賞 レギュラーシーズンフリースロー成功率が最も高い選手に与えられる
※各チーム実施試合数における 1 試合平均 FT 成功数 1 本以上かつ 85%以上の成功率の選手が対象

<個人表彰>
B1登録の全HC・全選手および投票権を有するメディアによる投票によって表彰対象者を決定する
※投票詳細は下記を参照

タイトル 決定方法
レギュラーシーズン最優秀選手賞 レギュラーシーズン最も優秀な成績を収めた選手1名に与えられる
レギュラーシーズンベストファイブ レギュラーシーズン優秀な成績を収めた選手5名に与えられる
ベスト6thマン レギュラーシーズン控えから出場して好成績を残した選手1名に与えられる
新人賞 レギュラーシーズン最も活躍した新人選手1名に与えられる
ベストディフェンダー賞 レギュラーシーズン最も優秀なディフェンスをした選手1名に与えられる
ベストタフショット賞 レギュラーシーズン最もエキサイティングなタフショットを決めた選手1名に与えられる
※ファン投票により決定される
最優秀ヘッドコーチ賞 レギュラーシーズン最も優秀なヘッドコーチ1名に与えられる
最優秀審判賞 レギュラーシーズン最も優秀な審判1名に与えられる

<特別表彰>
B.LEAGUE理事会が特に必要と認めた個人および団体に対して表彰を行う

タイトル 決定方法
DRIVE YOU CRAZY賞 B.LEAGUEのブランドメッセージ “DRIVE YOU CRAZY” を象徴する功績を残した
個人、団体等を対象とし、B.LEAGUE理事会が認めた対象に与えられる
レギュラーシーズン最優秀インプレッシブ選手 2021-22シーズンに放送・配信されている応援番組の代表者により選考された選手に与えられる

<発表項目>

タイトル 決定方法
「バスケットLIVE」 On Fire大賞 「バスケットLIVE」応援機能によるレギュラーシーズンの最多ファイア数における、
B1/B2クラブ1位 各1クラブ、B1/B2選手各1選手に与えられる

<ファン投票について>
2022年5月11日(水)~12日(木)の期間を、「B.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22」において、ファン投票で選出される「ベストタフショット賞」の投票日といたします。投票方法詳細については、後日改めて発表いたします。
※「マスコットオブザイヤー」を決定する「B.LEAGUE MASCOT OF THE YEAR 2021-22」は2022年3月に既に開催しております。結果発表等の詳細は特設WEBをご参照ください。

個人表彰の投票詳細について
※結果発表時にB.LEAGUE AWARD SHOW 2021-22特設WEBにて、投票メディア名も掲載予定

タイトル 得点方式 備考
レギュラーシーズンベストファイブ ・B1ヘッドコーチ投票(1票:3pt.)
・B1選手投票(1票:1pt.)
・メディア投票(1票:3pt.)
・選手5名の選出にポジションは問わない
・外国籍選手は2名まで選択可
・ただし、帰化選手およびアジア特別枠選手は外国籍選手には含まれない
ベスト6thマン ・B1ヘッドコーチ投票(1位:10pt. / 2位:5pt. / 3位:3pt.)
・B1選手投票(1位:3pt. / 2位:2pt. / 3位:1pt.)
・メディア投票(1位:10pt. / 2位:5pt. / 3位:3pt.)
・全試合必ずベンチスタートの選手に限るということではない
ベストディフェンダー賞 ・B1ヘッドコーチ投票(1位:10pt. / 2位:5pt. / 3位:3pt.)
・B1選手投票(1位:3pt. / 2位:2pt. / 3位:1pt.)
・メディア投票(1位:10pt. / 2位:5pt. / 3位:3pt.)
 
新人賞 ・B1ヘッドコーチ投票(1票3pt.)
・B1選手投票(1票1pt.)
・メディア投票(主要メディアのみ。1票3pt.)
・ポジションは問わず選手5名を選出し、最多得票の選手を表彰
・対象選手は新人賞選出における判断基準と新人賞対象選手の要件※を参照
最優秀審判賞 ・B1ヘッドコーチ投票(1位:10pt. / 2位:5pt. / 3位:3pt.)
・B1選手投票(1位:3pt. / 2位:2pt. / 3位:1pt.)
 

※新人賞選出における判断基準と新人賞対象選手の要件
新人賞選出における判断基準 ※一部欠格の事項があっても、超越する結果や戦績があれば投票可
(1)長期のリーグ戦を考慮し、突発的な活躍よりもシーズンを通した活躍を評価する
(2)突発的な調子による評価ではなく、安定的に高いレベルを発揮した選手を評価する
(3)代表の強化に寄与することを踏まえ、代表活動も判断要素とする
(4)オンコートだけではなく、メディア対応を含めたオフコートも重視する
(5)「圧倒的な”個”の力」も「チームの勝利に貢献する結果」も同一に評価する
新人賞対象選手の要件
(1) 新人賞対象選手は以下の要件を全て満たす選手とする。
 ①B1所属選手
 ②日本人選手および帰化選手
 ③NBL、bjリーグ、NBDL、B3およびNBA SUMMER LEAGUEを含む海外リーグの在籍経験が無い
 ④初めてBリーグへリーグ登録された選手
(2)ただし、前項第4号の規定に関わらず、以下の要件を全て満たす選手はリーグ戦開幕時点でリーグ登録されたシーズンまで、新人賞対象選手として取り扱う
 ①当該シーズンのリーグ戦において、リーグ登録試合数が全試合に満たない場合で、新人賞を受賞していない場合
 ②登録試合数が全試合に満たない事由がインジュアリーリストへの登録によるものではない場合