2022.05.27

新型コロナウイルス感染症に関するB.LEAGUE統一検査結果について 2021-22シーズン第19回統一検査結果

  • CLUB / GAME

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)が実施する新型コロナウイルス感染症に関する2021-22シーズン第19回B.LEAGUE統一検査についてお知らせいたします。第19回B.LEAGUE統一検査は、ソフトバンクグループ株式会社の子会社であるSB新型コロナウイルス検査センター株式会社(東京都港区、代表取締役社長:池田 昌人)が運営する唾液PCR検査専用施設「東京PCR検査センター」で実施いたしました。なお、第19回の検査は、日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22出場クラブと割当レフェリーのみを対象としております。


【第19回統一検査結果】 
検査実施日:5月26日
総検査数:50件

■B.LEAGUE所属クラブ

B1
クラブ名 陰性数 陽性数 判定不可
宇都宮 21 1 0
琉球 23 1 0

■レフェリー

陰性数 陽性数 判定不可
4 0 0

※1 検査対象:日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22出場クラブの選手・チームスタッフ、その他フロントスタッフ及び担当レフェリー
※2 陽性数:SB新型コロナウイルス検査センター株式会社の検査により陽性の疑いのある結果数を示しており、その後の医療検査や行政検査等による陽性患者数を示すものではございません
※3 ※2のため、陽性数が生じた場合であっても、必ずしも陽性患者に至るわけではありません
※4 上記記載の陽性疑い者が陽性患者になった場合においても、当該者の行動歴等により、その他の選手およびチームスタッフへ濃厚接触者やその他接触者へ該当することはなく、日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22は予定通り開催させていただきます


<SB新型コロナウイルス検査センター株式会社 WEBサイト>
https://sbcvic.jp/