言語選択

Select Language

OK

ニュース

「宇都宮ブレックス」が5シーズンぶり2度目の優勝
B.LEAGUE 2021-22シーズン 年間チャンピオン決定のお知らせ

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、本日、東京体育館(東京都渋谷区)にて行われた「日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22」の結果、宇都宮ブレックスが B.LEAGUE 2021-22 シーズンにおける年間チャンピオンの栄冠を手にしましたことをお知らせいたします。
 日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22は2戦先勝方式で行われ、宇都宮ブレックスが5月28日(土)のGAME1、本日開催されたGAME2と2連勝し、B.LEAGUE初代王者となった2016-17シーズン以来、5シーズンぶり2度目のB.LEAGUE年間チャンピオンとなりました。
 尚、チャンピオンシップ最優秀選手賞(MVP)には宇都宮ブレックス #6比江島慎選手、ファイナルで最も印象的なプレーをした選手に贈られる「日本生命ファイナル賞」には宇都宮ブレックス #18鵤誠司選手が選出されました。


日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22 ※2戦先勝方式

<GAME1>
【日時】 2022 年 5 月 28 日(土) 12:00 TIP OFF
【試合結果】 琉球ゴールデンキングス 61 – 80 宇都宮ブレックス
【ボックススコア】 https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=8744

<GAME2>
【日時】 2022 年 5 月 29 日(日) 16:05 TIP OFF
【試合結果】 琉球ゴールデンキングス 75 – 82 宇都宮ブレックス
【ボックススコア】 https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=8745

【安齋竜三HC 試合終了後コメント】
最高です。今シーズン、琉球さんはレギュラーシーズンからすごく強く、最強のチームだと思っていました。琉球さんがそういうチームだったから、自分たちの力以上のものが発揮できたと思いますし、「BREX NATION」の皆さんの声援のおかげで勝ち取ることができました。

【MVP 比江島慎選手 試合終了後コメント】
ここに来るまで本当に長い道のりだったので、「嬉しい」しかないです。 昨年は不甲斐ないプレーでチームにすごく迷惑をかけ、主力選手が抜けてしまった中で僕を中心にチームを作ってくれたこともあり、それに応えなきゃいけないというプレッシャーも、やりがいも感じました。自覚や責任は今シーズンが一番強かった中で、最高の結果で終えられてよかったです。 チーム一丸となってやってこられたと思いますし、僕がMVPを獲りましたが、僕のためにスクリーンをかけてくれる選手、スタッツに残らないところで仕事をしてくれる選手など、みんなが本当に頑張ってくれました。最高のチームだと思います。

【日本生命ファイナル賞 鵤誠司選手 試合終了後コメント】
昨年の悔しい思いを持った選手もいましたし、新しくきた選手もいる中で、チーム一丸となって、また、ファンの皆さま、スポンサーの皆さま、いろんな方たちの「BREX NATION」の力で優勝を掴み取ることができました。 このファイナルだけでなく、チャンピオンシップを通してファンの皆さんに力をもらって、その結果優勝することができたと思います。本当に感謝しています。