言語選択

Select Language

OK

ニュース

B.LEAGUE Hope × スペシャルオリンピックス日本 共同プロジェクト「Challenge with ALL」発足のお知らせ
~日本全国のクラブと地区組織が連携した地域活動でインクルージョン社会実現を推進~

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田 慎二 以下「B.LEAGUE」)の社会的責任イニシアティブであるB.LEAGUE Hope(以下「B.Hope」)と公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(東京都港区、理事長:有森 裕子 以下「SON」)は、5月28日(土)より、共同プロジェクト「Challenge with ALL」を発足いたしました。これにより日本各地のB.LEAGUEクラブとSON地区組織が連携し、地域活動による繋がりを通じてインクルージョン社会(※1)の実現を推進します。

 B.LEAGUEは、プロスポーツリーグとして日本初の社会的責任イニシアティブであるB.Hopeを2016年に創設し、クラブ・選手・ファン・地域・パートナー企業の方々を巻き込んで、SDGsの実現を目指したアクションを開発・推進して参りました。そしてB.Hopeは、ユニファイドスポーツ®(※2)を通じてインクルージョン社会の実現を目指すSONの理念に賛同し、2018年にパートナーシップ協定を締結いたしました。これまではB.LEAGUE FINALSやB.LEAGUE ALL-STAR GAME等、全国規模の大会と連携し、インクルージョンの考え方を広く発信するほか、いくつかの地域で連携した活動を実施して参りました。
 この度、日本全国の各地域における活動を強化すべく、各クラブ・地域の単位で展開する共同プロジェクト「Challenge with ALL」を発足し、5月28日(土)には、日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22 GAME1 の会場にて、「Challenge with ALL」の発足式を開催いたしました。 また、この「Challenge with ALL」の取り組みの第一弾として、7月18日(月)に北海道札幌市の北ガスアリーナ札幌46にてスペシャルオリンピックス日本・北海道(以下「SON・北海道」)が主催するイベント「EKS DAY 2022」において、レバンガ北海道がバスケットボール体験ブースの運営に協力し、SON・北海道とともに、知的障がい者への理解を深める活動に取り組みます。
 今後は、B.LEAGUEに所属する日本各地のクラブとSON地区組織が連携し、自治体や教育現場、また、地元企業等を巻き込んだ地域活動を通じて、さらなるインクルージョン社会の実現を目指して参ります。

※1 多様な人々がお互いを認め合い、それぞれの個性を活かすことが出来る社会。
※2 知的障がいのある人(アスリート)と知的障がいのない人(パートナー)が混合チームを作り、練習や試合を行い、スポーツを通じてお互いに相手の個性を理解し合い支え合う関係を築いていくためのプログラム

日本生命 B.LEAGUE FINALS 2021-22 GAME1の会場において、島田慎二チェアマンと有森裕子代表が参加し、発足式が行われた。

「Challenge with ALL」特設サイト:https://www.bleague.jp/b-hope_son/

■B.LEAGUEチェアマン 島田 慎二 コメント
B.Hopeが2018年からスペシャルオリンピックス日本様とともに取り組んできた活動が新たなフェーズを迎えることになり、嬉しく思います。特にこの2年間は新型コロナウイルスの影響により、B.LEAGUEもスペシャルオリンピックス日本様も活動が制約される場面が多々ありました。その中でも歩みを止めずにともに取り組んでくださったスペシャルオリンピックス日本様、そして活動に参加してくださったファンの皆様に感謝を申し上げます。
今後、全国各地のクラブとスペシャルオリンピックス日本様の地区組織が連携することで、これまで以上に幅広く、インクルージョンの考え方を発信することが出来ると考えております。そして、障がいの有無に関わらず協力し合う社会の実現を通じて、日本を元気にすることに取り組んで参りたいと思います。

■SON 理事長 有森 裕子 様 コメント
2018年からのB.LEAGUE様とのユニファイドスポーツをキーとしたパートナーシップ締結から、私たちは知的障がいのある人たちとともに、バスケットボールを通じてすべての人たちが輝き活躍する社会を各地方から広げていくフェーズに入れたことを大変嬉しく思います。全国各地でこの「Challenge with ALL」の取り組みを通して、地域社会の皆さんと交流し、B.LEAGUE様、そして、全国のクラブの皆様とともに地域社会の課題解決を目指していければと思います。

【B.Hope×SONが目指す世界】  
近年SDGsの浸透により、「誰一人取り残さない」インクルージョンの重要性が広く理解されるようになりました。そこでB.HopeとSONは、健常者と知的障がい者がバスケという1つのスポーツを通じて、感動や悔しい気持ちを分かち合い、「ために(for U)」ではなく「ともに(for with)」理解を深めることで、インクルージョン社会の実現を推進いたします。そしてバスケの枠を越えて、ともに様々な挑戦や体験が出来る世界に向けて活動を続けて参ります。

【B.Hopeとは】
2016年B.LEAGUE創設とともにスタートした社会的責任活動のイニシアティブ。SDGsの実現を目指して、バスケの力を通じた社会課題解決活動を全国のクラブ・選手とともに実施しております。
B.Hope:https://www.bleague.jp/b-hope/

【スペシャルオリンピックスとは】
知的障がいのある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織です。
スペシャルオリンピックス日本では47都道府県の地区組織でスポーツプログラムを提供しスポーツを通したインクルージョン社会を推進しています。
スペシャルオリンピックス日本:https://www.son.or.jp/


【B.HopeとSONの主な活動実績】
■2018年:
横浜アリーナで開催されたB.LEAGUE FINAL 2017-18の試合前のコートでパートナーシップ調印式とユニファイドバスケットボールのスペシャルゲームを実施
https://www.bleague.jp/b-hope_detail/id=38371

■2019年:
横浜アリーナで開催されたB.LEAGUE FINAL 2018-19の試合前にスペシャルオリンピックス日本のバスケットボールチームとバスケットボールレジェンドによるユニファイドエキシビションマッチを実施
https://www.bleague.jp/b-hope/hope-action/action_detail/id=164708

■2020年:
B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 IN HOKKAIDO で、ユニファイドスポーツフェスタを実施
https://www.bleague.jp/b-hope/hope-action/action_detail/id=164710

■2021年:
スペシャルオリンピックス日本の有森理事長とB.LEAGUEの島田チェアマンが 「コロナ禍におけるスポーツをテーマに対談
https://www.bleague.jp/b-hope_detail/id=86292

日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21 GAME1にてモザイクアートをお披露目
https://www.bleague.jp/b-hope/hope-action/action_detail/id=164737

日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21 で様々な取り組みを実施
https://www.bleague.jp/postseason/2021-22/finals/b-hope/