2022.09.15

B.LEAGUE初のユース育成特別枠での選手登録のお知らせ

  • RELEASE

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、レバンガ北海道 U18所属の内藤 耀悠選手が「ユース育成特別枠」の初めての選手登録となりましたことをお知らせいたします。

 「ユース育成特別枠」は、Bユースの価値向上と育成強化の促進を目的にB.LEAGUE 2022-23シーズンより新たに設けられました。 (https://www.bleague.jp/regulation/)

 

■ユース育成特別枠 概要

項目 内容
対象 自クラブのBユース(U15/U18)に所属中の選手
 ※前シーズンの4月1日時点で満18歳の誕生日を迎えていない選手
条件 ①日本国籍
②所属中のBユースチーム(U15/U18)へのTeam JBAの選手登録が3ヶ月以上あること
登録人数 同時に上限2名
※活動期間終了後の入替えを許容 / 通常登録枠13名とは別途計上
エントリー人数 上限2名
※現行の12枠とは別途2枠を設計(最大ベンチエントリー数を14名へ変更)
活動期間 3ヶ月/回
※当該シーズンの3月31日以降に所属のBユースから登録が外れる場合は適用外とする。
但し、4月1日以降も同クラブのBユースへ登録/在籍する場合は、継続して適用可とする。