NEWS

B.LEAGUE 2017-18シーズン終了のご報告 ~総入場者数は昨対比+11.8%増の250万人超!来シーズンのB1・B2所属チームも決定~

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(所在地:東京都文京区、理事長: 大河正明 以下「B.LEAGUE」)は、2018年5月27日(日)に横浜アリーナ(神奈川県横浜市)で開催された、「入替戦 2017-18」を以ちまして「B.LEAGUE 2017-18シーズン」全試合が終了致しましたことをご報告いたします。
2シーズン目となった2017-18シーズンのB1・B2総入場者数は2,502,931人。この結果は、昨シーズンの総入場者数2,238,359人と比較して+11.8%増となり、シーズン当初の目標であった+10%増を達成することができました。「2017-18シーズン」の最多入場者数は、超満員を記録した「B.LEAGUE FINAL 2017-18」の12,005人(※1)。さらに昨シーズンの244試合よりも53試合増加した297試合もの満員試合数(※2)も記録し、シーズンテーマである「BUILD UP」に相応しい成長で熱気が溢れるアリーナを実現してまいりました。今後も継続的な成長を上げていくべく、クラブ、リーグ一体となり、バスケットボールファンの裾野を拡大してまいります。

また、2018-19シーズンのB1・B2所属チームも下記の通り決定いたしました。(★印が昇降格)
尚、カンファレンスの分け方は、「2018-19 B1・B2リーグ戦試合実施要項」が理事会で決議され次第、確定致します。

【B1】北海道、★秋田、栃木、千葉、A東京、SR渋谷、川崎、横浜、新潟、富山、三遠、三河、名古屋D、 滋賀、京都、大阪、★福岡、琉球
【B2】青森、仙台、山形、福島、茨城、群馬、東京Z、★八王子、金沢、信州、FE名古屋、★西宮、奈良、 ★島根、広島、香川、愛媛、熊本

※1:参考記録
2016年9月22日(開幕戦1日目):9,132人
2016年9月23日(開幕戦2日目):9,461人
2017年1月15日(B.LEAGUE ALLSTAR GAME 2017):9,567人
2017年5月27日(B.LEAGUE FINAL 2017):10,144人
2018年1月14日(B.LEAGUE ALLSTAR GAME 2018):3,242人
2018年5月26日(B.LEAGUE FINAL 2016-17):12,005人

※2:満員試合:アリーナ収容キャパシティのうち85%以上の入場者数の試合