NEWS

規約違反による制裁決定について

B.LEAGUEチェアマン 大河 正明は、下記の件について裁定委員会に諮問し制裁を決定いたしました。

1.制裁対象者
【1】株式会社仙台89ERS 代表取締役会長 David Halton
【2】株式会社仙台89ERS(仙台89ERS)
2.制裁の種類および内容等
(1)制裁の種類および内容:
【1】けん責および制裁金20万円
【2】けん責および制裁金30万円
(2)適用条項:【1】 ①「Bリーグ規約」第27条 [役職員等の禁止事項]第3項
  ②「Bリーグ規約」第122条 [制裁の種類]第1項1号・2号
  ③「Bリーグ規約」第132条 [2000万円以下の制裁金]4号
【2】 ①「Bリーグ規約」第27条 [役職員等の禁止事項]第3項
  ②「Bリーグ規約」第122条 [制裁の種類]第1項1号・2号
  ③「Bリーグ規約」第127条〔両罰規定〕
  ④「Bリーグ規約」第132条 [2000万円以下の制裁金]4号
3.違反行為の内容
2019年3月2日に株式会社仙台89ERSの代表取締役会長であるDavid Halton氏がTwitterにおいて発したコメントが、B.LEAGUEに対する誹謗・中傷となる内容であったこと
4.制裁理由
(1)上記発言は、B.LEAGUEやJBAひいてはバスケットボール界全体の価値を貶めるものであり、厳に慎むべきものであること
(2)代表取締役会長の立場にあり、その言動が大きな影響力を持つこと
(3)個人のTwitterではあるが、広く公開されたこと
※ただし2019年3月6日に投稿を削除していることを鑑み、制裁を決定