NEWS

「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」でベストファイブなど各賞の受賞者を発表 令和最初のレギュラーシーズンMVPは富樫選手(千葉) 13年ぶりにワールドカップ出場を決めた男子日本代表チームがサプライズ受賞も!

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(所在地:東京都文京区、理事長:大河正明 以下「B.LEAGUE」)は、本日開催された「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」にて、今シーズン活躍した選手、HC、審判員等に贈られる各賞の受賞者を発表いたしましたので、お知らせいたします。

B1に所属する選手、HC、そしてメディアによる投票で決まるベストファイブでは、遠藤祐亮選手(栃木ブレックス)と初めての地区優勝に2年連続2回目の得点王のタイトルとともに貢献したダバンテ・ガードナー選手(新潟アルビレックスBB)が初受賞。富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)、田中大貴選手(アルバルク東京)、金丸晃輔選手(シーホース三河)は3年連続3回目の受賞で、投票最多得点の富樫選手が「レギュラーシーズン最優秀選手賞(MVP)」に輝きました。
今年から新設された「レギュラーシーズンMIP(“Most Impressive Player”)」は、個人スタッツ、チームの勝敗、コート内外問わず、見る人の心を動かし、強く心に刻みつけられた選手として、3つのテレビ応援番組の代表者による検討会での決定により、新潟アルビレックスBBの柏木真介選手と五十嵐圭選手の2選手が受賞しました。
また、13年ぶりのFIBAバスケットボールワールドカップ出場権を自力で獲得し、44年ぶりのオリンピック出場権も手にすることができた「AKATSUKI FIVE」男子バスケットボール日本代表チームがサプライズとして「BREAK THE BORDER 賞」を受賞し、シーズンの締めくくりとともに、今夏の本大会そして未来に向けてB.LEAGUEから世界へ羽ばたくことへの後押しの想いを表彰に込めました。

※各受賞選手のコメントと各個人表彰の詳細は「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」特設WEBページに掲載いたします。
https://www.bleague.jp/2018-19/award-show/

クラブ表彰

  受賞クラブ 受賞歴
年間チャンピオン アルバルク東京(ワイルドカード上位) 2年連続2回目
年間準優勝 千葉ジェッツ(東地区1位) -
年間ベスト4 栃木ブレックス(東地区2位) -
琉球ゴールデンキングス(西地区1位) -
チャンピオンシップ出場 新潟アルビレックスBB(中地区1位) -
川崎ブレイブサンダース(中地区2位) -
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(西地区2位) -
富山グラウジーズ(ワイルドカード下位) -
<レギュラーシーズンカンファレンス優勝>
東地区 千葉ジェッツ 2年連続2回目
中地区 新潟アルビレックスBB 初優勝
西地区 琉球ゴールデンキングス 2年連続2回目
<B2>
年間優勝 信州ブレイブウォリアーズ 初優勝
年間準優勝 群馬クレインサンダーズ -

リーダーズ表彰

B1/部門 受賞選手 No. 所属クラブ 平均(Avg.)/% 受賞歴
得点王 ダバンテ・ガードナー 54 新潟アルビレックスBB 27.6 2年連続2回目
アシスト王 ジュリアン・マブンガ 32 京都ハンナリーズ 8.5 初受賞
リバウンド王 ジョシュ・ハレルソン 55 大阪エヴェッサ 12.3 初受賞
スティール王 中山 拓哉 17 秋田ノーザンハピネッツ 2.2 初受賞
※B2にて受賞経験あり
ブロック王 カディーム・コールビー 43 秋田ノーザンハピネッツ 2.4 初受賞
※B2にて受賞経験あり
ベスト3P成功率賞 石井 講祐 27 千葉ジェッツ 45.2% 初受賞
ベストFT成功率賞 金丸 晃輔 14 シーホース三河 90.9% 3年連続3回目
B2/部門 受賞選手 No. 所属クラブ 平均(Avg.)/% 受賞歴
得点王 トーマス・ケネディ 1 群馬クレインサンダーズ 27.9 初受賞
アシスト王 ゲイリー・ハミルトン 2 バンビシャス奈良 7.5 初受賞
リバウンド王 グレゴリー・エチェニケ 8 島根スサノオマジック 13.7 初受賞
スティール王 カレン・ルッソ 2 青森ワッツ 2.2 初受賞
ブロック王 チュクゥディエベレ・マドゥアバム 14 山形ワイヴァンズ 2.6 2年ぶり2回目
ベスト3P成功率賞 宮崎 恭行 1 Fイーグルス名古屋 46.4% 初受賞
ベストFT成功率賞 宮崎 恭行 1 Fイーグルス名古屋 90.5% 初受賞

※リーダーズランキングは公式WEBページをご確認ください。

個人表彰

  受賞者 No. 所属クラブ 受賞歴
レギュラーシーズン最優秀選手賞 富樫 勇樹 2 千葉ジェッツ 初受賞
レギュラーシーズンベストファイブ 遠藤 祐亮 9 栃木ブレックス 初受賞
富樫 勇樹 2 千葉ジェッツ 3年連続3回目
田中 大貴 24 アルバルク東京 3年連続3回目
ダバンテ・ガードナー 54 新潟アルビレックスBB 初受賞
金丸 晃輔 14 シーホース三河 3年連続3回目
ベスト6thマン 馬場 雄大 6 アルバルク東京 初受賞
新人賞 岡田 侑大 30 シーホース三河 初受賞
ベストディフェンダー賞 遠藤 祐亮 9 栃木ブレックス 2年ぶり2回目
最優秀審判賞 加藤 誉樹 77 - 3年連続3回目
最優秀ヘッドコーチ賞 ルカ・パヴィチェヴィッチ HC アルバルク東京 2年連続2回目
チャンピオンシップ最優秀選手賞 馬場 雄大 6 アルバルク東京 初受賞
B2
レギュラーシーズン最優秀選手賞 トーマス・ケネディ 1 群馬クレインサンダーズ 初受賞
プレーオフ最優秀選手賞 石川 海斗 11 信州ブレイブウォリアーズ 初受賞

B.LEAGUE特別表彰

  受賞者/クラブ No. 所属クラブ 受賞歴
ベストタフショット賞 富樫 勇樹 2 千葉ジェッツ 初受賞
レギュラーシーズンMIP 柏木 真介 3 新潟アルビレックスBB 初受賞
五十嵐 圭 7
特別賞 折茂 武彦 9 レバンガ北海道 初受賞
マスコットオブザイヤー ジャンボくん - 千葉ジェッツ 2年連続2回目
入場者数NO1クラブ 千葉ジェッツ 3年連続3回目
ソーシャルメディア最優秀クラブ アルバルク東京 初受賞
ホスピタリティNO1クラブ シーホース三河 初受賞
BREAK THE BORDER賞 バスケットボール男子日本代表チーム 初受賞