NEWS

「B.LEAGUE OPENING GAME 2019 -B1 “THE” GAME-」パフォーマーに菅原小春さんが決定

~バスケ新時代を切り拓くパフォーマンスでB1開幕戦を彩る~

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、理事長:
大河正明 以下「B.LEAGUE」)は、「B.LEAGUE OPENING GAME 2019 -B1 “THE” GAME-」 川崎ブレイブサンダース vs 宇都宮ブレックスのパフォーマーに、ダンサー・振付師として、米津玄師を始め、数々のアーティストとコラボするなど活躍する菅原小春さんの出演が決定しました。海外でも高く評価され、国内でも数々のアーティストとのコラボレーションを行い、CMや雑誌でもお馴染みの菅原小春さんのパフォーマンスに是非ご期待ください。

●プロフィール

1992年2月14日生まれ。幼少期に創作ダンスを始め、小中高生の時に数々の有名ダンスコンテストで優勝、早くから注目を集める。2010年に渡米し、独自のダンススタイルが高く評価され、海外でも一目置かれるダンサーとなる。有名アーティストからのオファーも多く、TAEMIN(SHINee)、SHINee 、EXILE、少女時代、2NE1、三浦大知、CRYSTAL KAY、Mondo Grossoなどの振り付け、MV出演し、RIHANNA、安室奈美恵、SMAPなどのダンサーを務めた経験がある。2015年スティービーワンダーとのCM共演が話題となり、2016年紅白歌合戦に坂本冬美、蜷川実花と共演、2017年森山直太朗と共演、2018年米津玄師、三浦大知、MISIAツアーにゲスト出演を果たし、年末の紅白歌合戦では米津玄師とのコラボレーションを果たす。また、米津玄師作詞・作曲 <NHK>2020応援ソング「パプリカ」では振付を辻本智彦と共作し、日本国内ではパプリカ現象が起きている。2016年、2017年と自らが演出を行った単独公演 SUGAR WATERを成功させ、2018年には黒田育世の舞台「ラストパイ」で主演、2019年NHK大河ドラマ「いだてん」にも出演し、女優としても活動の幅を広げている。現在までに世界35ヵ国以上を一人で飛びまわり、ワークショップやショーを行う傍ら、TVCM、ラジオ、ファッション誌などにも登場。2014年以来、女性ダンサー初のナイキアスリートとしても活動。VOGUE WOMEN OF THE YEAR 2015、BVLGARI AVRORA AWARDS 2017受賞。2018年、2019年SHISEIDO 「Ultimune」のCMに出演し、グローバルアンバサダーとして世界的に展開されている。2019SS discord Yohji Yamamotoのキービジュアルとして出演。
 

●「B.LEAGUE OPENING GAME 2019 -B1 “THE” GAME-」特設サイト

 https://www.bleague.jp/opening_game2019/