言語選択

Select Language

OK

ニュース

8/31 B.LEAGUE全選手ミーティング実施について (実施報告)

B.LEAGUE (東京都文京区 / チェアマン:島田慎二) は、今季の開幕を約1か月後に控え、本日8月31日 (月)、WEB会議システムを利用した全選手ミーティングを実施しました。ミーティングには、今日までにB1・B2クラブとの契約を締結済みの選手に加え、島田チェアマンをはじめとするリーグ競技運営関係者、クラブ関係者ら約430人が参加。来るべき開幕に向け、それぞれが、それぞれの立場で士気を高め合う決起集会となりました。

ミーティングの様子

島田チェアマンは参加者に対し、「コロナ禍のなかで開幕する今季は、厳しいシーズンになることが予想されますが、我々はファンのため、バスケットボール界のために一致団結し、この困難を乗り越えましょう」と呼びかけました。さらに、「現状では、ゲームの実施にリスクが伴うことは事実ですが、我々はそのリスクに対してどれだけの準備をしてきたのか、そのプロセスこそを大事にしていきましょう。ウィズ・コロナの時代の新しい日常のなかで、感染予防に対する一人ひとりの意識や対策の実践が重要なことは言うまでもありませんが、感染者 (陽性判定者) が “悪” なのではありません。万が一の場合でも、皆さんが社会的責任を一身に負う必要はなく、リーグはクラブ・選手・スタッフ、そしてその家族を守り抜くことを約束します。それが『バスケで日本を元気に』を実現し、来るべき東京2020オリンピックにもつながる道であると信じているからです」と、シーズンへの思いを伝えました。

ミーティングの様子

その後、B.LEAGUE 新型コロナウイルス感染症対策チームのエグゼクティブアドバイザー・中山晴雄ドクター (東邦大学医療センター大橋病院 院内感染対策室・副室長・専任 ICD 、日本感染症学会感染症専門医) から同感染症対策ガイドラインや今後の見通しに関する説明を受けた参加者たち。中山ドクターの「予断は許さないし、今後数年の間はその影響が及ぶと思われますが、ゲームが行われることと、感染対策を講じたうえでの社会性、経済性、そして安全性は同時に成立するものと考えています。我々としても全力でサポートしていきます」との言葉に力を得て、島田チェアマンが呼びかけた「プロセスを大事に」をあらためて心に刻んだ様子でした。

 過日、クラブ内にてPCR検査の陽性判定者が確認されたアルバルク東京の#3安藤誓哉選手は、次のように言います。
「アルバルク東京は、緊急事態宣言の解除以降、クラブ内でガイドラインとロードマップを作成し、それを遵守してきました。それでも陽性判定者が出ました。すでに新型コロナウイルスは身近なもので、誰でもが陽性判定を受ける可能性がある状況であることを実感しています。陽性判定者はもちろん、濃厚接触者として10日間ほどを過ごした僕たちも、精神的にも肉体的にも厳しい経験でした。  皆さんも開幕に向けて準備不足であるとか、不安な一面がきっとあると思います。でも自分はその不安以上に、自粛・療養期間が明けて再びバスケットボールと向き合える今、厳しい練習の日々が続く今を、嬉しく感じています」

ミーティングの様子

それぞれがコロナ禍の厳しい現実に直面しているからこそ、発言者のメッセージは参加者の心に響いたはずです。今日の決起集会は、選手・スタッフがあらためて一丸となる良い機会となりました。 安藤選手は言葉をこう締めくくりました。
「簡単なシーズンになるとは思っていませんが、僕たちの真価が問われるシーズンだとも思います。このシーズンの意味を一人ひとりが考え、一緒に頑張っていきましょう。Bリーグも新時代の幕開けです。皆さん、準備はいいですか?」

参加者の誰もが決意も新たに、心の中でうなずいたことでしょう。

以上