言語選択

Select Language

OK

ニュース

新型コロナウイルス感染症に関するB.LEAGUE統一検査結果について 第1回統一検査結果(最終報告)

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)が実施する新型コロナウイルス感染症に関するB.LEAGUE統一検査についてお知らせいたします。

島田慎二チェアマン コメント
第一回統一検査が終了し、今回は全員陰性という結果となりました。開幕まで1ヶ月となり、まずは一つ目のハードルを超えたという思いです。
これからB.LEAGUE2020-21シーズン開幕に向けて、またシーズンがスタートしてからも検査を実施して参りますが、感染は悪ではなく、陽性が出た時にどう対応するかが大事だと思っています。シーズン中も2週間ごとに統一検査を実施のうえ結果を開示、また感染拡大の予防対策、感染予防対策をしっかり行い、万が一、陽性判定に至った場合も冷静に対応し、少しでも安心してバスケットボールの試合をお届けできるよう努めてまいりたいと思います。

【第1回統一検査結果(最終報告)】
検査実施日:8月31日~9月3日
総検査数:823件

■B.LEAGUE所属クラブ

B1
クラブ名 陰性数 陽性数
北海道 24 0
秋田 21 0
宇都宮 24 0
千葉 23 0
A東京 20 0
SR渋谷 22 0
川崎 25 0
横浜 20 0
新潟 19 0
富山 17 0
信州 21 0
三遠 20 0
三河 21 0
名古屋D 23 0
滋賀 17 0
京都 19 0
大阪 19 0
島根 20 0
広島 22 0
琉球 19 0
B2
クラブ名 陰性数 陽性数
青森 16 0
仙台 21 0
山形 20 0
福島 17 0
茨城 19 0
群馬 21 0
越谷 22 0
東京Z 17 0
FE名古屋 23 0
西宮 18 0
奈良 16 0
香川 18 0
愛媛 17 0
福岡 21 0
佐賀 17 0
熊本 13 0

■レフェリー

陰性数 陽性数
111 0

※検査対象:B1・B2全36クラブの選手・チームスタッフ、その他フロントスタッフ及び担当レフェリー
※陽性数:統一検査の陽性結果数