言語選択

Select Language

OK

ニュース

廣瀬 俊朗氏 「B.LEAGUE応援キャプテン」就任のお知らせ

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、2020年10月1日(木)に元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗氏が「B.LEAGUE応援キャプテン」に就任したことお知らせいたします。
なお、明日10月2日(金)B.LEAGUE 2020-21シーズン開幕当日スペシャル配信予定の「B.LEAGUE 2020-21 SEASON TIPOFFカンファレンス」のゲストMCを担当していただいております。※
今後の活動内容の詳細は都度ご報告いたします。

※B.LEAGUE 2020-21 SEASON TIPOFFカンファレンス
10月2日(金)12:00~ B.LEAGUE公式YouTubeにて配信
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjg1nryCJk4Y9kgBlLZZ1IgqrVxhZ_ULS

■B.LEAGUE チェアマン:島田慎二 コメント
ラグビー界で活躍された経験をバスケ界にも活かしていただき、より多くの人々にB.LEAGUEを知っていただけるよう一緒に盛り上げていただきたいと思っています。また選手という枠を超えて幅広く活躍されている廣瀬さんに率直にバスケの新たな魅力を皆さまに伝えていただけることを期待しております。どうぞ宜しくお願いいたします。

■B.LEAGUE 応援キャプテン:廣瀬俊朗 コメント
この度、「B.LEAGUE応援キャプテン」に就任することになり、とても光栄です。ラグビーやこれまでの様々な活動を通して得られた視点をバスケ好きな皆さんに届けられたらと思っています。一方で、私自身バスケについては、少しプレーをしたこともありますが、めっちゃ詳しい訳ではありません。私と同じように、バスケやB.LEAGUEの魅力をまだまだ知らない皆さんと共に、どんどんハマっていきたいと考えています。これから宜しくお願いします!!

廣瀬 俊朗 Toshiaki Hirose プロフィール
1981年10月生まれ、大阪府吹田市出身。元ラグビー日本代表キャプテン。5歳でラグビーを始め、北野高校、慶応義塾大学、東芝でプレー。日本代表として28試合に出場。2012−2013の2年間はキャプテンを務めた。ワールドカップ2015イングランド大会では、メンバーとして南アフリカ戦の勝利に貢献。ワールドカップ2019ではアンバサダーとして活動。BBT大学院で経営を学び、MBA取得。
現在は株式会社HiRAKU代表取締役としてスポーツ普及と教育に重点的に取り組み、一般社団法人「スポーツを止めるな」共同代表理事、一般社団法人「APOLLO PROJECT」専務理事なども務めている。