言語選択

Select Language

OK

ニュース

B.LEAGUE選手のARコンテンツが、ソフトバンクの「AR SQUARE」に登場

コンテンツ・対象選手は今後も追加予定

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田慎二 以下「B.LEAGUE」)は、本日、ソフトバンク株式会社が提供する「5G LAB」の「AR SQUARE」(※)においてB.LEAGUE選手のAR(Augmented Realityの略、拡張現実)コンテンツが配信開始となりましたのでお知らせします。


 現時点での対象選手は、テーブス海選手(宇都宮ブレックス)、赤穂雷太選手(千葉ジェッツ)、盛實海翔選手(サンロッカーズ渋谷)の3名です。今後、各選手のコンテンツおよび対象選手を増やしていく予定です。

 「AR SQUARE」で本コンテンツを再生すると、まるで選手が目の前にいるような体験ができます。選手のテクニックをさまざまな角度から楽しむことや、選手の隣に並んでいるかのような写真や動画を撮影することも可能です。今シーズンは、テクニックに加え、季節のイベントに合わせたメッセージも追加予定です。是非、選手のテクニックを真似したり、一緒に写真や動画を撮ってSNSにアップしてください。





※:「AR SQUARE」とは
実際の風景にデジタルデータを合成することで、現実世界を「拡張」するAR(Augmented Realityの略、拡張現実)技術を活用したコンテンツを、アプリでお楽しみいただけるソフトバンク株式会社のサービスです。ソフトバンク株式会社がリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社と共同で開設した、国内最大規模の3Dホログラム撮影スタジオで、30台のカメラを駆使して制作した「AR SQUARE」オリジナルコンテンツもラインアップされています。今回登場するB.LEAGUE選手も、拡大・縮小・回転して自由に鑑賞したり、スマホのカメラを通して出現させ、現実の背景や人物と一緒に写真や動画を撮影したりすることができます。撮影した写真や動画をSNSに投稿することもできます。

5G LAB x BASKETBALL特集WEBページ : https://stn.mb.softbank.jp/Y2l2Q
AR SQUARE :https://stn.mb.softbank.jp/H726u