言語選択

Select Language

OK

ニュース

テーブルオフィシャルズクルー及びゲームディレクターの稼働不可時の対応

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田 慎二 以下「B.LEAGUE」)は、テーブルオフィシャルズクルー及びゲームディレクターの試合会場での稼 働不可時の対応について下記のとおり規程したことをお知らせいたします。
コロナウイルス感染症の影響により、事前の体調不良や会場入口における検温超過の可能性をふま え、本来規定の競技体制が組めない場合における補完方法・機能を規定いたしました。


■テーブルオフィシャルズクルーの業務補完・代替調整
①試合当日朝までに体調不良が発覚した場合
 1. 派遣元である都道府県協会と事前に協議・調整を行い、代替スタッフの派遣を受ける
 2. 当日の欠員に備え、極力バックアップスタッフの派遣調整を行う
②試合会場入場時に体調不良が発覚した場合
 1. バックアップスタッフの派遣により、欠員時にも即時対応可能なよう事前に協議・調整を行う
 2. 上記にて対応できない場合は、ホームクラブの従事スタッフであっても、競技知識のあるスタッフ をアサインし、公式試合履行を優先させる


■ゲームディレクターの業務補完・代替調整
①試合当日朝までに体調不良が発覚した場合
 1. 派遣元である都道府県協会と事前に協議・調整を行い、代替スタッフの派遣を受ける
 2. 当日の欠員に備え、極力バックアップの体制調整を行う
②試合会場入場時に体調不良が発覚した場合
 1. バックアップスタッフの派遣により、欠員時にも即時対応可能なよう事前に協議・調整を行う
 2. 上記にて対応できない場合は、リーグよりホームクラブへ連絡し、ゲームディレクター不在での 運営体制へ移行する