言語選択

Select Language

OK

ニュース

「エントリー資格認定委員会」の設置について

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、チェアマン:島田 慎二 以下「B.LEAGUE」)は、「B 1 ・ B 2 リーグ戦試合実施要項」に定める指定統一検査において陰性が得られていない場合におけるエントリー資格の認定機関として、下記の通り「エントリー資格認定委員会」の設置についてお知らせいたします。なお委員会は B クラブからの申請を受けた場合に実施する予定です。
「エントリー資格認定委員会」は、PCR 検査等の厚生労働省により承認された検査で陽性判定を受け た者への就業制限の解除について公的機関が定めた基準の充足状況や、B.LEAGUE 統一検査と別に 実施した検査等をふまえ試合エントリーの可否を判断します。


■エントリー資格認定委員会の実施
下記理由により陰性が得られていない際に B クラブからの申請を受けた場合、B.LEAGUE チェアマンが招集、委員会実施
① 負傷や疾病等、やむを得ない事情により指定統一検査の受検が困難である場合
② 指定統一検査において、受検不能、検査遅滞、検査異常等が生じたため検査結果が得られない場合


■エントリー資格認定委員会の組織および委員
認定委員会の委員は、以下に定める委員候補者の中から1名ずつ計 3 名、認定委員会の開催毎にチェ アマンが選任
① 感染症に関する専門知識を有する医師、大学教授、準教授およびこれらに準ずる学識経験者
② 弁護士資格を有する法務委員長および法務委員
③ B.LEAGUE 代表理事および常勤理事