言語選択

Select Language

OK

ニュース

規約・規程違反による懲罰について

●対象

#5 アイザイア・マーフィー 選手(広島ドラゴンフライズ)

●対象行為

2月6日(土)開催 2020-21 B1リーグ戦第20節広島ドラゴンフライズvs島根スサノオマジックにおいて、3Q残り1分33秒頃にディスクォリファイングファウルを宣せられ、失格・退場となった行為 

●決定内容

本行為についての懲罰は科さない

※Bリーグ規約第60条第1項第1号に基づき、公式試合において失格・退場を宣せられた選手の懲罰は、懲罰規程に基づき規律委員会において審議・決定される
※本件は、規律委員会での審議において、失格・退場に至るディスクォリファイングファウルの判定について、JBA審判担当のFIBA RULESに基づく検証結果にて、試合中の審判員の判定においては大きな怪我に繋がる危険な接触と判断したものの、大きな接触を回避しようと自制する様子も確認できることから、本来当該判定には至らず、アンスポーツマンライクファウルが妥当であるという見解により、懲罰規程第5条第1項第1号に定める懲罰は科される前提事実を欠くものと判断した
※ただし、当該判定についての記録は取消すものではない
 

<関連リンク>
懲罰規程Bリーグ規約