B.MAGAZINE

横浜BC vs 名古屋D|河村勇輝と齋藤拓実、リーグを代表するガード対決に注目

2022.10.14

見どころ・レポート

 

 

Bリーグ 2022-23 B1リーグ戦 第3節

横浜ビー・コルセアーズ vs 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

2022.10.15(土)
15:05 TIP OFF
神奈川県|横浜国際プール

 

詳しくはこちら
2022.10.16(日)
14:05 TIP OFF
神奈川県|横浜国際プール

 

詳しくはこちら

 

 

チケットは両日完売。横浜ビー・コルセアーズのホーム開幕節の相手は、過去2シーズン勝てていない名古屋ダイヤモンドドルフィンズだ。相手にとって不足はない。満員の横浜国際プールで難敵撃破なるか。

横浜BCはアウェーでの第1節、第2節を1勝3敗で終了。広島ドラゴンフライズとの開幕戦こそ勝利したものの、その後は接戦をモノにできず、前節行われた島根スサノオマジックとのGAME2でも逆転負けを喫した。

チーム全体で改善しなければならないのは、3ポイントシュートとフリースロー。3ポイントシュートは4試合で24.7パーセント、フリースロー成功率は50.7パーセントに沈んでおり、この数字はともにリーグワースト。今節白星を獲得するには、須藤昂矢、森川正明らのウイング陣がシュート確率を上げ、パトリック・アウダが確実にボーナススローを決めきらなければならない。

一方、名古屋Dは前節の第2戦で琉球ゴールデンキングスに敗れたものの、3勝1敗で白星先行。好調の大きな要因は、現在B1トップの平均90.3得点24.8アシストを記録するオフェンスだ。その中心にいるのが、平均13.0得点9.8アシストをマークする齋藤拓実だ。

しかし、横浜BCには同選手のスタッツを上回る河村勇輝がいる。河村は現在、平均15.5得点10.8アシストに加え、同2.8スティールを記録。両者によるマッチアップの行方も勝敗を左右するポイントであり、名古屋Dとしても河村の自由を奪って試合を優位に進めたい。

文=小沼克年

 

 

関連動画

 

 

関連リンク