B.MAGAZINE

FE名古屋vs大阪|連敗脱出を目指す両チーム…FE名古屋はニュービルを封じられるか

2022.10.25

見どころ・レポート

 

 

Bリーグ 2022-23 B1リーグ戦 第5節

ファイティングイーグルス名古屋 vs 大阪エヴェッサ

2022.10.26(水)
19:05 TIP OFF
愛知県|名古屋市枇杷島スポーツセンター

 

詳しくはこちら

 

 

ファイティングイーグルス名古屋と大阪エヴェッサによる初対決は、ともに3連敗で迎える一戦。開幕5連勝を挙げたものの、そこから黒星が増えてきたFE名古屋としては今節のホームゲームで立て直しを図りたいところだ。

FE名古屋は前節、敵地で広島ドラゴンフライズと対戦。GAME1は第3クォーター終了時点で4点リードしたが、最後の10分間でドウェイン・エバンスに14得点を許して試合をひっくり返された。

65-59で決着がついた前日とは打って変わり、GAME2は99-95と点の取り合いとなった。アンドリュー・ランダルが25得点15リバウンドの活躍を見せたが、この試合でもエバンスに苦戦。同選手には2試合連続で最終クォーターに14得点を奪われてしまった。

大阪にもディージェイ・ニュービルという勝負強さが光る選手がいるだけに、FE名古屋としては二の舞を踏んではならない。昨シーズンまで大阪に在籍した中村浩陸の活躍にも期待したいが、相手スコアラーへのマークが予想される野﨑零也、ジェレミー・ジョーンズの奮闘も勝利には不可欠だ。

対する大阪も、前節は三遠ネオフェニックスに2試合続けて1ケタ点差で黒星。GAME2では第2クォーターで12-22、第3クォーターでも12-23と引き離され、24本与えられたフリースローも13本の成功に留まった。

大阪は平均リバウンドが34.8本しか奪えておらず、この数字はB1最下位。ここまで勝利した2試合ではリバウンド数で相手を上回っているため、ショーン・オマラ、アイラ・ブラウンらのインサイド陣の出来が勝敗を左右するだろう。

文=小沼克年

 

 

関連リンク