B.MAGAZINE

三河vs琉球|今季初の3連勝を狙う三河、リバウンド争いでどこまで張り合えるか

2022.12.16

見どころ・レポート

 

 

Bリーグ 2022-23 B1リーグ戦 第12節

シーホース三河 vs 琉球ゴールデンキングス

2022.12.17(土)
15:05 TIP OFF
愛知県|ウィングアリーナ刈谷

 

詳しくはこちら
2022.12.18(日)
15:05 TIP OFF
愛知県|ウィングアリーナ刈谷

 

詳しくはこちら

 

 

シーホース三河は前節、苦しみながらもホームで白星を手にした。迎え撃った横浜ビー・コルセアーズのロスターは8名。実際コートに立ったのは7名と手数で上回る状況だったが、第3クォーターを終えて49-48と拮抗した展開に。それでも、勝負どころで長野誠史と柏木真介が貴重な3ポイントシュートを沈め、試合を通して26得点を挙げたダバンテ・ガードナーの活躍などで勝利した。

 今節もウィングアリーナ刈谷で戦う三河は、GAME1で勝てば今シーズン初の3連勝を達成する。対峙するのは琉球ゴールデンキングス。現在の西地区首位で、6連勝中と好調をキープする相手だ。琉球は前節、京都ハンナリーズをホームに迎え81-65で勝利。シュート確率こそ振るわなかったがフリースローで21得点を稼ぎ、2試合連続で失点を65点以下に抑えた。

 三河が琉球から白星をつかむために、最も重要となるのがリバウンドだ。現在リーグ1位の平均43.2リバウンドを誇る琉球に対し、三河は同35.7本と大きな差が生じている。ただ、チームには2メートルを超える選手が5人そろっていることも事実。琉球に勝る高さを存分に生かし、ゴール下の主導権争いで互角以上に張り合えるか。インサイド陣の奮闘が問われる。

 リバウンド争いに自信を持つ琉球としては、三河のシューター陣を勢いに乗らせないことが重要。西田優大と角野亮伍、さらには3ポイントシュートも難なく決めるガードナーにはより警戒を強め、今節も高いディフェンス力を発揮したい。

文=小沼克年

 

 

 

関連リンク