チケット購入

B.MAGAZINE

「B.LEAGUE U18 CHAMPIONSHIP 2023」が開幕、3連覇を目指す北海道 U18は大勝で好発進

2023.11.30

見どころ・レポート

2連覇に導き、自身も2年連続MVPの北海道 U18の内藤耀悠選手

 

B.LEAGUE U18 No.1決定戦が開幕

11月30日、栃木県・日環アリーナ栃木で「B.LEAGUE U18 CHAMPIONSHIP 2023」が開幕。大会初日の本日は1・2回戦19試合が行われた。

将来プロバスケ選手としてB.LEAGUEや世界の舞台でプレーすることを目標とする選手が集まるB.LEAGUE U18。将来性豊かな原石たちが、負けたら終わりの一発勝負を繰り広げてNo.1チームを決めるのが「B.LEAGUE U18 CHAMPIONSHIP」である。過去2大会は、レバンガ北海道が連覇。名古屋Dは2年連続準優勝という結果になっている。
B.LEAGUE U18 CHAMPIONSHIP特設サイト

大会初日の本日は多くの接戦が展開された。中でも会場を沸かせたのがCコート第2試合で行われた茨城 U18とU18 川崎の対戦だ。試合はまず茨城 U18がわずかにリードする形で進んでいったが、3Q川崎が好守からチャンスを掴んで52-49と追いついて4Qを迎えると一進一退の攻防に。U18 川崎が69-67で迎えた残り1分半、茨城 U18 はトップから梅原咲弥が3Pシュートを成功。すぐにシュートを決め返されたものの、梅原が再び決めて1点差を保つ。残り45秒、U18 川崎はフリースローを得たものの2本とも失敗。悪い流れとなったが、ここでチームを救ったのがエースの大津光合だった。「打たないと入らないと思っていた」と試合後に語った大津は

残り12.9秒、右コーナーからドライブすると横っ跳びでジャンパーを成功させて1点リードを作る。直後、茨城 U18は痛恨のターンオーバーを犯してしまって万事休す。U18 川崎が73-72で激戦を制した。

U18 川崎 大津光合選手【(C) B.LEAGUE】

そのほか、2連覇中の北海道 U18は攻防で良さを見せて新潟 U18に121-39で大勝。3連覇に向けて好発進を切った。北海道 U18の齋藤拓也ヘッドコーチは試合後、「3連覇がかかる大会なので当然、プレッシャーもあるけれど、選手たちは程よく緊張感というか、楽しさのほうにも少しずつ変化しているようです」とコメントしている。その北海道を倒しての優勝を狙う名古屋Dは越谷 U18に対して86-57の快勝。そのほか、SR渋谷 U18、琉球 U18、滋賀 U18、横浜BC U18らも快勝で次ラウンドに駒を進めた。 明日12月1日(金)は3回戦8試合を予定。どんな好試合が展開されるか、注目である。

10月にB1最年少デビューを果たしている名古屋DU18若野瑛太選手

 

茨城U18 梅原咲弥選手

【大会初日/11月30日(木)試合結果】
<1回戦>
三遠 U18 38-68 越谷 U18
神戸 U18 70-67 福島 U18
新潟 U18 51-40信州 U18
<2回戦>
秋田 U18 81-74 長崎 U18
宇都宮 U18 95-20 A千葉 U18
富山 U18 92-50 奈良 U18
茨城 U18 72-73 U18 川崎
仙台 U18 83-59 熊本 U18
A東京 U18 81-63 U18 島根
FE名古屋 U18 71-66 福岡 U18
群馬 U18 60-94 香川 U18
東京Z U18 76-82 京都 U18
佐賀 U18 45-123 SR渋谷 U18
名古屋D U18 86-57 越谷 U18
千葉J U18 83-78 大阪 U18
広島 U18 50-104 滋賀 U18
北海道 U18 121-39 新潟 U18
神戸 U18 56-98 琉球 U18
三河 U18 49-93 横浜BC U18

【大会2日目/12月1日(金)試合予定】
<3回戦>
[Aコート]
10:00~ U18 川崎vs.滋賀 U18
12:00~ 秋田 U18vs.千葉J U18
14:00~ 北海道 U18vs.香川 U18
16:00~ 名古屋D U18vs.A東京 U18

[Bコート]
10:00~ 仙台 U18vs.京都 U18
12:00~ 宇都宮 U18vs.FE名古屋 U18
14:00~ 横浜BC U18vs.SR渋谷 U18
16:00~ 富山 U18vs.琉球 U18

文=月刊バスケットボール編集部