チケット購入

B.MAGAZINE

【B2第21節 見どころ】福岡vs熊本は今後も見据えた重要な地区首位決戦に…神戸のヒサタケは早速の古巣戦

2024.02.09

見どころ・レポート

西地区2位の福岡がホームで首位熊本と直接対決【(C)B.LEAGUE】

 昨シーズンは6カードあった“九州ダービー”も、今シーズンはライジングゼファー福岡と熊本ヴォルターズの1カードのみ。第8節の対戦時は福岡が西地区で首位を走り、熊本は3位につけていたが、前節を終えた時点で熊本が首位、福岡が2位。第8節の対戦で痛み分けとなっている両者の再戦は、B1昇格の行方にも影響する重要な地区首位決戦となる。

 地区3位に下がっていた福岡は、前々節に続いてギャビン・ウェアが欠場したが、その影響を感じさせず青森ワッツに連勝。第2戦は延長にもつれる接戦だったが、1試合をとおして堅いディフェンスが光った。これで4連勝となり、連敗した滋賀と勝率で並び、順位を地区2位に戻した。

 勝率で滋賀と並んでいた熊本は、ベルテックス静岡との第1戦に敗れて10連勝を逃したものの、第2戦は今シーズン7度目、直近5試合で4度目となる100点ゲームで快勝。こちらも滋賀の連敗によって順位を上げ、37試合目で地区首位の座に立った。テレンス・ウッドベリーの欠場が続くなか、駒沢颯や山本翔太といった日本人選手の得点が伸びているのがオフェンス好調の要因だ。

チーム内では日本人最多の平均得点を記録する駒沢颯【(C) B.LEAGUE】

 福岡は1試合平均失点が熊本より約7点少ないが、同得点も熊本より7点以上少ない。3ポイントシュート成功率でランキング1位に立つ谷口光貴の安定感と、前回対戦時に20得点で勝利の立役者となった加藤寿一の爆発力がカギ。日本人選手の得点力で熊本に対抗できるか否かが勝敗を分ける。

 岩手ビッグブルズは、越谷アルファーズとの第1戦で89失点を喫したが、第2戦は67失点に抑えて2点差の勝利。福島ファイヤーボンズに対しては、第8節の対戦で第1戦を1点差で制し、敗れた3試合もすべて5点差以内と相性は悪くなく、直近5試合で3勝を挙げた勢いを加速させるチャンスだ。愛媛オレンジバイキングスに連敗した福島は、悪い流れに歯止めをかけたいところ。岩手のディフェンスを崩すのは、戦列復帰を果たした林翔太郎のシュート力だ。

 攻守ともに安定せず、岩手戦の連勝を逃した越谷は、次節に福岡、次々節に滋賀との対戦を控える。新潟アルビレックスBBと戦う今節は結果だけでなく内容にもこだわり、西地区上位との対戦に向けて手応えを感じておかなければならない。ステイシー・デイヴィスの戦線離脱による得点力ダウンが顕著に表れ、神戸ストークス戦もあえなく連敗に終わった新潟は、ミスを恐れない果敢なプレーに活路を見出したい。

 マックス・ヒサタケの加入で復調しつつある神戸は、新潟戦ではヒサタケに加えて日本人選手の得点も伸び、7連敗のあとに4連勝で“借金”を「1」まで減らした。対照的に青森は福岡戦の連敗で“貯金”「1」となり、一度は回避した“借金”生活転落の危機を再び迎えている。このカードはヒサタケにとって古巣との対戦であると同時に、先日引退を発表した福田真生が在籍したチーム同士の対戦でもある。青森は、福田が残した勝利への意志を白星に変えることができるか。

神戸デビュー2試合目から先発を務めるマックス・ヒサタケ【(C) B.LEAGUE】

文=吉川哲彦

■B2第21節試合日程
・愛媛オレンジバイキングスvsバンビシャス奈良(@伊予市民体育館)
GAME1:2月9日(金)19時~ GAME2:2月10日(土)15時~

・ライジングゼファー福岡vs熊本ヴォルターズ(@照葉積水ハウスアリーナ)
GAME1:2月9日(金)19時~ GAME2:2月10日(土)15時10分~

・越谷アルファーズvs新潟アルビレックスBB(@越谷市立総合体育館)
GAME1:2月10日(土)15時~ GAME2:2月11日(日)14時~

・アルティーリ千葉vs山形ワイヴァンズ(@千葉ポートアリーナ)
GAME1:2月10日(土)15時~ GAME2:2月11日(日)15時~

・神戸ストークスvs青森ワッツ(@ワールド記念ホール)
GAME1:2月10日(土)16時~ GAME2:2月11日(日)14時~

・岩手ビッグブルズvs福島ファイヤーボンズ(@盛岡タカヤアリーナ)
GAME1:2月10日(土)17時~ GAME2:2月11日(日)12時40分~

・滋賀レイクスvsベルテックス静岡(@滋賀ダイハツアリーナ)
GAME1:2月10日(土)17時~ GAME2:2月11日(日)14時~